2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2017年1月22日 (日)

公式より見やすい路線図?

台湾の中央社フォーカス台湾に、台北の地下鉄、台北捷運の路線図の記事が載っています。

記事についてはこちらから。

公式の路線図よりも見やすいものではないかと現地で話題になっているとか。

公式の路線図はこちらなのだけど、こちらも充分見やすいかなぁとは思えるのだけど。

公式と比べると、印刷スペースが小さくなるようだから、今回出たバージョンであれば財布に入れておくサイズの路線図を作るのであれば、見やすいものかなとは思います。

なんか聞いた話だと、日本の地下鉄風にアレンジしたものなんてのまであるらしく、日本の地下鉄の路線図に慣れた日本人にはこちらも人気だとか聞いた。

中央社フォーカス台湾の記事は、翻訳記事の場合でも、翻訳を担当した日本人の署名が必ず入るのだけど、今回の記事を担当された方は鉄道系の記事となると、ほぼ確実に担当されているような印象があったりします。

このあたりに担当者の趣味とか出てくるのかなと思ったり。

2017年1月21日 (土)

レッドブル・エアレース 今年も幕張で開催

レッドブル・エアレースの公式サイトに、今年のスケジュールが発表されました。

スケジュールについてはこちらから。

どうしても気になっているのは日本での開催。
今年も日本で開催が決まっています。

開催日は6月3・4日の2日間で、会場は昨年同様幕張海浜公園。

最近、エアレース開催時に臨時の場外離着陸場ができる浦安市内の岸壁で何やら工事が始まってるという情報があり、何か動きがあるのかなと思っていましたが、単なる整備だったようで…。

開催できる場所は関東だとどうしても幕張かなぁとなってしまいます。
お台場だと羽田の管制圏内だから絶対に無理であるし、他でも公共交通機関が便利な場所でエアレースができる浜なんてあるかなぁと思えたり。

でも、公式twitterが千葉県幕張市とツイートしてしまったのがちょっと残念…。
たしかに幕張は新都心であるのは間違いないが、千葉市なんだけどなぁ。

今年は見に行ければ見に行きたいなぁと思っていたり。
昨年、丘珠で室屋さんのフライトを見たからには、リアルにレースを見てみたい。

2017年1月20日 (金)

セブンイレブン ついに沖縄進出へ

SANKEIbizの報道によると、ついに2018年度にセブンイレブンが沖縄に進出のようです。

記事についてはこちらから。

色々と立地調査等をしているようで、工場等の整備が整ったところで一気に進出していくような雰囲気を感じます。

そして、本州では限られた店舗にしかないイートインスペースをすべての店舗に設置するという方向で動いているようです。

地場の業者と組むかどうかという話はまだ出ておらず、もしかすると他社と組まずに独自に進出という可能性も否定できず…。

現状沖縄の大手スーパーは他社と組んでいることを考えると、スーパー以外の流通企業と組むとかもあるのかなあとも思っていたりします。

果たして沖縄進出というのが沖縄本島だけなのか、それなりに規模の大きい離島(石垣・宮古・久米島)まで含むのかがちょっと気になるところです。

果たしてどうなるか、沖縄2紙の報道も追って調べたいところ。

2017年1月19日 (木)

google IMEを試しに使ってみる

今までパソコンでは出来合いのMS-IMEで入力していたが、なんか色々とお馬鹿な雰囲気を感じたので、他のIMEを使ってみようかと思い、色々と調べた結果、どうやらgoogleのIMEがいい感じらしいとの情報を得て、試しに入れたみた。

ちょっと使った感じでは、予測入力とかもあるようで、このあたりもちょっとなんか違うなぁと思いつつも、慣れればなんとかなりそうな気がしてきていたり。

うまく活用していけば、結構便利かもしれないと思ったり。

googleだからセキュリティ云々で騒ぎになることはないだろうし。

中国産のIMEで過去に騒ぎはあったけれど。

2017年1月18日 (水)

福岡の博洋自動車 台湾製バスを輸入へ

産経新聞の記事によると、福岡県の博洋自動車という自動車整備などを行っている業者が台湾製のバスの輸入を手がけることになったそうです。

記事についてはこちらから。

アジア圏内からの大型バスの輸入というと…
・韓国の大宇製のBX212(最近は随分姿を見なくなったようなきがする)
・韓国の現代製の現代ユニバース(それなりに売れていている感じが)
・中国のヤーシン製の中型バス(オノエンスターという名称だとか)

現代ユニバースに関しては、もともと現代自動車が三菱ふそうと繋がりが深いせいか、三菱ふそうを贔屓にしていた事業者では好まれて使われているような印象。

中国のオノエンスターはバスラマ・インターナショナルに載っていたのを見たくらいだけど、なんか気になる存在ではあるなぁと。

博洋自動車のホームページを見てみると、新聞記事にあるジャーマモーターの英字表記は『JIA MA』であることがわかりました。
どうやらこちらのサイトを見ると、足回りはIVECO製のものになるようです。
IVECOというと、東京消防庁が持っているマギルスのはしご車ぐらいしか日本で実績があったかどうかという感じのはずで…。

ジャーマモーターの英字表記で検索して出てきたJIA MAの公式サイトがこちら

漢字表記では『嘉馬汽車有限公司』となるようで、台南にある業者のようです。
こちらの公式サイトを見ると、どうやら現代自動車の足回りに車体を載せるコーチビルダーのようだけど、しばらくホームページが更新されている形跡がないような。

最新消息が民国101年(今年は民国106年)となっているので、最新情報がどうなっているのかちょっと気になるところ…。

果たして実際に買う会社が出てくるとすればどこなのかというんがかなり気になるところ。


2017年1月17日 (火)

台湾の鉄道雑誌『鐵道情報』最新号について

台湾の鉄道雑誌『鐵道情報』。

前の号が昨年の4月に出たあと、しばらく発売が止まっていました。

『鐵道情報』のFacebookを常にチェックはしていましたが、昨年中にいろいろあってしばらくお休みします見たいなスタンスのモノがいくつかあったが、ようやく新刊が出るようです。

公式のFecebookによれば、どうやら最新号が1月20日に現地で発売になるようです。
タイトルの右側には2016年3-10月号という扱いになるようで、諸々あって発売できなかった扱いになっているようです。

台湾でこの日に発売になるということは、恐らく神保町とか秋葉原の店頭に並ぶのはそれから1週間くらい跡かなぁなんて思ったりもしています。

さて、どうしようかなぁと…。
清明節のあとには台湾に行きたいなと思っているだけに。

2017年1月16日 (月)

丸目会の同人誌 『詳説東武1800系・300系』

東武の車両に関して、濃い同人誌を出している丸目会(どうやら東京理科大学の鉄道研究会とそこに近い人たちが中心のようだ)の同人誌の新作が出てきたので買ってきた。

今回の本でまとめられているのは東武の1800系と300系。
今の200系が入るまでは、『りょうもう』などに使われていて、それ以降は改造されて『きりふり』とか『しもつけ』などに使われている車両。

過去のシリーズでもかなり濃いものが出ていただけに、内容も期待通りのものであり、なかなか勉強になるものでありました。

どうやら足回りは8000系とほとんど同じのようで、このくらいの年代であればついているはずの発電ブレーキがないとかいうちょっと驚きのことが書いてあったり…。

性能のいい足回りを通勤用車両と優等列車で共用するなんて言うのは、西武でもよくやられていた印象もあったり…。

もうちょっとじっくり読んで、そのあとに実物を見に行くのもアリかなぁと思えてきたり。

2017年1月15日 (日)

ヨコハマタイヤのあの看板は…

地方の年季の入ったガソリンスタンドとか自動車整備工場で見かけるヨコハマタイヤの看板。

錆びると異様に怖くなる看板のキャラクターでおなじみのモノです。

Yokohamat
看板部分の拡大したものがこれ。

確かこれの名称は『スマイレッジ』のはずなのだが、先日ヨコハマタイヤの公式アカウントがtwitterで『スマイレージ』とつぶやいていてなんか凄く気になったり…。
そもそもはアメリカのB.F.Goodrichと言うメーカーのロゴマークでSmileageという名前で、日本語で書くと『スマイレッジ』だと思ったんだけどなぁ…。

『スマイレージ』と書くと、どうやら今は名称が変わっているようだけど『ハロー・プロジェクト』配下のアイドルユニットのことだと思っていただけに…。

果たして横浜ゴムの公式アカウントが週明けどんな対応になるのかちょっと気になって仕方がない。

古株の社員に怒られて、ごめんなさいしてくるのかどうか…。
でも、イベントとはいえ、公式の場でスマイレッジを使ったのはかなり珍しい気もする…。

2017年1月14日 (土)

なんでセンター試験の時期に…

今日、明日と大学入試センター試験。

私が大学を受験したころは、国公立大学を受けなければ、そんなに気にしなくてもいいものだったが、今だとかなりの重要度があるような気がしています。

そしてどういう訳だか、寒い時は大雪で色々と騒動になっているような…。

試験の結果で合格等が決まる時期は本来の時期のままでいいとは思うのだけど、せめて試験ぐらいはもう1~2か月繰り上げてもいいのかなぁとも感じるところがあります。

センター試験で起こりうる問題の中で、1~2か月繰り上げることで解消できるトラブルもかなり減るのかなぁと思いつつも、会場の問題とか色々とあるんだろうなぁと思えたり。

出題する側の準備も必要なのはわかるけれど、何とかしてあげられrないかなぁとも思ったり。

2017年1月13日 (金)

『電車でGO!』20周年で鉄道時計が出るようです

電撃ホビーWebに、タイトーのアーケードゲーム機『電車でGO!』の稼働20周年を記念して鉄道時計が出るという記事が出ています。

記事についてはこちらから。

鉄道時計の裏側にオリジナルの刻印がなされたモデルで、どうやら時計のケースもオリジナルで、そこにオリジナルのEdyカードもついてくる様子。

特注モデルと言うことで、結構いいお値段がついているけれど、好きな人ならこのぐらい出す人はいるんじゃないかなぁと言う設定になってる気がします。

『電車でGO!』は近日中に新作が出るらしいという話もある中で、こういうグッズを出すということはちゃんと筐体に鉄道時計を置けるスペースなんてのまで再現されているのかなぁとちょっと期待したいところ。

2017年1月12日 (木)

経済産業副大臣がDASH村に言及?

人気番組『鉄腕DASH』の人気企画だったDASH村。

東日本大震災後の原発事故の影響で帰還困難地域になってしまい、現状はテレビでもあまり取り上げられることはなくなってしまいました。

福島民報並びに福島民友にちょっと気になる記事が出ていました。

福島民報の記事はこちらから。
福島民友の記事はこちらから。

あくまで副大臣の個人的な考えという形で言っただけらしいのだけど、DASH村を復興のシンボルになんて言う話をしているのがまた驚きであったり。

DASH村の当初の目的は『地図にDASHの名前を残す』のはずだったのが、いつの間にかにアイドルが田舎暮らしをする(それもかなりガチなやつ)に変異していったような気がしています。

そんな中、個人的な意見とは言いつつも政治が言及してくるとはちょっと驚きでしかなく…。
鉄腕DASHの公式サイトを見ても、何も出ていないってことは唐突に出てきたのを福島を代表する新聞2紙の取材を受けてる時にさりげなく話題になっただけということなのかなぁ…。

ちょっと今後が気になるところです。

2017年1月11日 (水)

日本記者クラブ 予想アンケート

今年も日本記者クラブの予想アンケートがホームページに出ています。

ついでに昨年の答えあわせをしてみると、昨年の結果は5問正解でした。

さて今年の問題は…。
予想の答えはインラインで入れていきます。
・12月31日現在のわが国の首相は誰か  (            )
 →安倍晋三 なんだかんだで長期政権か

・12月31日現在の民進党代表は誰か (            )
 →安住淳 国籍問題とかあって蓮舫さんは無理だろうなぁ…。

・日銀がマイナス金利政策をやめることを年内に ( 決める  決めない ) 
 →決める

・2017年東証大納会の日経平均株価終値は2万5千円を ( 超える  超えない )
 →超えない 年内で一瞬超えるはあるだろうけれど。

・トランプ-金正恩の米朝首脳会談が ( 行われる  行われない )
 →行われない 台湾の蔡英文とは会いそうな気がするけれど、さすがに金正恩となるとね…。

・仏大統領選でマリーヌ・ル・ペン氏が当選 ( する  しない )
 →する なんか最近、ヨーロッパでも移民排斥みたいな動きがあるしなぁ。

・将棋の第2期電王戦で佐藤天彦名人が将棋ソフトponanzaに1勝以上 ( する   しない )
 ※電王戦は、プロ棋士代表と将棋ソフト代表の2番勝負。16年は山崎隆之八段がponanzaに2敗した。
 →しない なんだかんだでコンピュータのほうが強い気がする

・日本人がノーベル賞を受賞(ジャンル問わず) ( する  しない )
 →する  でも、村上春樹氏が受賞するかは限りなく怪しい

・サッカー日本代表が2018年開催ワールドカップロシア大会本選出場を( 決める  決めない )
 →決める 頑張ってほしい

・ゴルフの松山英樹選手が、4大メジャー大会(マスターズ、全英オープン、全米オープン、全米プロ)のいずれかで優勝 ( する  しない )
 →する 頑張ってほしい

個人的にはどうなっているか年末が楽しみだが、果たしてどのくらい当たるのか…。
本職の記者さんの正解率なんてのもちょっと気になる。

ま、素人で5問正解はまあいい方なんだろうけれど。

2017年1月10日 (火)

桃園機場捷運 台北駅に搭乗手続き窓口を設置へ

ようやく開業の目途が立った、台湾の桃園機場捷運。
どうやら旧正月前までには開業するというのがほぼ見えてきたようで、現地のサイトを見る限りではスタッフの採用試験なんかも始まっているようで…。

そんな中、中央社フォーカス台湾の記事に、桃園機場捷運の台北駅に搭乗手続き窓口ができるとの記事が出ていました。

記事についてはこちらから。

記事によれば、搭乗手続き窓口を設けるのはチャイナエアラインとエバー航空のようで、チャイナエアラインの子会社のマンダリン航空と、エバー航空の子会社のユニー航空も対象となっているようです。

外資系の会社については現状では対象外となるようで、このあたりは今後の動きになるのかなと思っていたりしています。
基本的には、キャセイパシフィック航空以外の外資系の会社は、チャイナエアラインかエバー航空にハンドリングを委託しているはずという認識ではいたのだけど…。

どの時間帯の出発便でも搭乗手続きを受け付けてくれるのであれば、朝早めに荷物を預けて、身軽に市内観光ができそうで、これはこれで便利かなと思えたりもしています。

これを使いたいがために航空会社を選ぶというのも出てきそうな…。

2017年1月 9日 (月)

新作アニメ『風夏』 始まる

今期もまた新作アニメが始まった。

今までの時点で、見た感じで一番惹かれたのが『風夏』と言う作品。

『君のいる町』などでも知られる瀬尾公治先生の作品で、アニメで見ている限りでは、『君のいる町』でも出てきた、東武東上線の成増あたりが舞台なのかなと言う感じでした。

なんかヒロインが個人的にストライクゾーンに入っているのだけどねぇ…。

そんな中、今朝になって原作者のこんなツイートが回ってきました。

<引用ここから>
今更ですが、アニメから『風夏』に興味をもって下さった方はWikipediaとか見ない方がいいと思います(笑) とんでもないネタバレを食らう可能性があるので。 絶対に、見ちゃダメですよ?絶対に。
<引用ここまで>

だそうです…。
実はこのツイートを見る前に、たまたまWikipediaを見てしまい、盛大にネタバレを食らってしまい、私にとっては原作者のツイートが回ってくるのがちょっと遅かった感が。

ま、ネタバレ食らったから単行本を一気に1巻から5巻まで買って、次の放送まで一気に読んでしまおうかなと。

原作から多少アレンジしてアニメになるはずだから、そういうところへ楽しみを持って行こうかなと。

2017年1月 8日 (日)

『水曜どうでしょう』 新作ロケ開始?

HTBが誇るキラーコンテンツ『水曜どうでしょう』。

どうやら何か大きな動きがあったようです。

『水曜どうでしょう』の公式サイトに気になる一言が…。

今日の朝]9:55に藤村Dが『いってきます。 どうでしょう軍団』という書き込みがなされています。
『水曜どうでしょう』の現時点での最新作は2013年、アフリカの旅でした。
どうやらその前が2010年の原付で東京→高知だったようで…。

果たして海外なのか国内なのかちょっと気になるところ。

さすがに国内でも、現状だとサイコロの旅なんてもう無理だろうし、出来たとしてもカブの旅が限界だろうなぁ。
サイコロの旅なんてやってたら、誰かにツイートされたらすべてがパーになりかねないし。

そうなると、ある程度大泉洋さんの日程を押さえて海外なのかなぁ。

続報が非常に気になるところ。

2017年1月 7日 (土)

ジェットスタージャパン 成田~上海浦東就航延期…

ジェットスタージャパンのホームページによると、成田~上海浦東線について、1月23日からの運航開始を見込んで予約を受けていた部分について就航延期を決めたそうです。

詳しくはこちらから。

1月23日から3月25日まで予約した分についてすべてキャンセル扱いになるようです。
中国当局から新規就航の制限がかかったというのが理由のようです。

私自身、成田空港のカーフューメールを取っていて、カーフュー扱いになっているものについて色々と見ていますが、上海浦東空港が絡む遅延は着せに関係なく起きているような気がしてなりません。

延期にになって今後どうなるのかちょっと気になるところではあるが…。

2017年1月 6日 (金)

台湾高鐵 開業10周年

中央社フォーカス台湾の記事によると、台湾高鐵が開業10周年を迎えたそうです。

日本からすると、新幹線技術の初海外展開とはなったものの、諸々の事情があって保安装置とかは確かヨーロッパ流だったかなぁと。

車内のサービスと乗務員の振る舞いは日本式だなと感じたことはありました。
何度か紆余曲折もあったようだけど、台湾の主力交通機関として一定の地位を持っているのは間違いないところではあるような印象を受けました。

今は南港~左營だけれども、左營から高雄までの延伸も行われるとは聞いています。
次に台湾に行くときは南港から乗ることになるのかなぁと…。

どうやら桃園市内に台湾高鐵探索館なる施設もできたようで、これも場所を調べて行って行ってみたいところ。

恐らく、高鐵桃園駅の近くだとは思うのだけど…。

2017年1月 5日 (木)

横浜の原鉄道模型博物館で台湾の軽便鉄道展

横浜の原鉄道模型博物館で、台湾の軽便鉄道展が行われるという情報が回ってきました。

詳しくはこちらから。

案内を見ると高雄港駅の看板が出ていたりするから、恐らく高雄の高雄鐵道故事館からの協力を受けているの間違いなさそう。
高雄市歴史博物館の協力も得ているし、ここが哈瑪星台湾鉄道館を運営しているようだから、恐らくは模型関係での協力を受けたことに対する返礼のようなものもあるのかもしれません。

そして何より驚くのが、製糖鉄道で使われる気動車を台湾から借りてくるということをするそうです、
製糖鉄道で使われた車両と言うと、その昔西武山口線とかで使っていた機関車も製糖鉄道から持ってきたというのもあったはずだが、借りてくるというのは初の事例かなぁと思えたりしています。

サイズが半分だから五分車とか言われているような気もします。
会期は1月18日から3月13日まで。

早いうちに行こうかなぁと検討中。

2017年1月 4日 (水)

エミレーツ航空のエアバスA380が成田に帰ってくる!

エミレーツ航空のプレスリリースに今年の夏スケジュールから、成田へエアバスA380が再度飛ぶようになるという記事が出ています。

記事についてはこちらから。

タイトルが『Emirates A380 Returns to Narita, Japan』となっていて、飛行機を撮影する側としてもこういう撮って映える機材が成田に帰ってくるのは嬉しい限り。

確かエミレーツのエアバスA380が成田から撤退したのは、羽田便も飛ばすようになって、どちらもボーイング777-300ERにしたからだったかなぁ。

恐らくそれからまた新たな需要が伸びて来たのか、ドバイからの乗り継ぎ客が増えたのか大型化という話になったのかなぁとも思えたりしています。

中東の航空会社の場合、目的地は中東ではなくその先のヨーロッパとかアフリカとかというのが多いはずだし、何より燃油サーチャージが他社に比べると中東の会社は安い(ま、裏庭で取れる石油にはかなわないよな)ので、これだけの大型機材の需要ってどうなの?と思っていても、案外何とかなるらしい。

成田発着が月・木・金・土・日となり、予定の到着時刻は17:35だから、ちょっと日が長くなって来れば何とかなるかなぁ。
日程を合わせて撮りに行きたいものです。

2017年1月 3日 (火)

初詣

仕事の日程の関係もあって、今日初詣に行ってきた。

行き先はいつもの通り成田山新勝寺。
元日よりは空いてるだろうけれどと言う感じでしたが、結構混んでいました。

途中いつものように猿回しが行われていたりとか、参道の老舗の団子屋さんが改築されていたりとか、老舗のうなぎ屋さんのところに待ち時間表示がでて、そこに280という数字が出ていてびっくりしたりとか。

私が言った時間はタイミングが良かったのか、列が止まることなく成田山の総門の前まで来ることができましたが、それよりちょっと後の時間だと途中で止まるなんてこともあったようで…。

総門の前、道路をふさぐように機動隊の警備台が出ているのはちょっと驚きであったり、色々と変わりつつあるのかもしれません。

ここ数年の傾向として、境内の稲荷神社の行列が半端ないというのに驚くというところで…。

例年初詣に行く場所が同じとなると、色々と違いが見えてきてなかなか面白かったり。
今度は正月ではないときに行ってみるもやってみようかなと。

«ローカル路線バスの旅 第25弾 太川・蛭子コンビ最終回