2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2017年6月21日 (水)

JR西日本 新たな長距離列車を導入へ

JR西日本の社長会見の中で、新たな長距離列車を導入するという話が出ています。

社長会見の詳細はこちらから。

最後の項目として、『新たな長距離列車の導入』という項目があります。
この項目によれば、列車は6両編成で、グリーン車・グリーン車個室・普通車・普通車ノビノビ座席・普通車コンパートメント・フリースペースからなるというもの。

どうやら夜行で走るという雰囲気ではなく、恐らくは都市部からどこかの温泉地へ向けてのんびりと移動を楽しむというのがコンセプトではないか?と思えるところ。

『トワイライトエクスプレス瑞風』に関する会見の中で、新たなカジュアルな形態の長距離列車を考えているなんていう話が出ていて、その時のイメージでは、ブルートレインの1ボックスを2名個室にして(これだと北斗星のツインデラックスそのものになるが)、クルーズ船で言うところのカジュアルクルーズのあたりを狙ってくるのかな?と思っていたのですが…。

食事については、食堂車ではなく、途中で列車を降りて地元の名店に食べに行くとか、そういうところからケータリングを頼むとかそういうものをやるのかと思っていたら、ちょっと予想外の展開を感じます。

車両のデザイン等は、えちごトキめき鉄道の『雪月花』のデザインを担当したデザイナーに発注する予定とも書かれています。

どんな形で実現するかちょっと楽しみ。

2017年6月20日 (火)

台北の鉄道工場跡、7月から公開へ

中央社フォーカス台湾の記事によると、台北市内にある鉄道工場の跡の一般参観が7月19日から始まるようです。

日本統治下に作られた施設で、2013年に機能が移転したあと、保存が決まり、その後でどのように活用するかということで、かなり色々とあったようだけど鉄道系の博物館になると決まってたようだし、ちょっと先走りながらも国外の施設に協力を要請したようだという報道もあったが、要請を受けた側のプレスリリースがないという謎の事態もあったなぁと…。

台湾の鉄道雑誌、『鐡道情報』が過去にここに鉄道博物館ができるという前提で海外の進んだ事例を紹介なんていうのもありました。

アメリカのボルティモアや、スペインのカタルーニャと並んで、日本からは片上鉄道保存会が出ていて驚くしかないなんてことも…。

実際のところは整備しながら部分的に公開という形を取り、水曜と土曜にはボランティアによるガイドも行われ、そのメンバーの中にはここに長く勤めていた方なんて言うのもいるとも書かれています。

次回台湾に行くときに、行ければいいなぁ…。

2017年6月19日 (月)

アメリカ人が作った一風変わったギャルゲーのこと

Twitterにアメリカ人が作った一風変わったギャルゲーの話が回ってきたので、あえてネタにしてみる。

ギャルゲーと言っても、どうやらむかしハドソンが出した『北へ。』のようなゲームであるような印象。

タイトルは『Stay! Stay! Democratic People's Republic of Korea!』というもので、タイトルから分かる通り行き先は北朝鮮!!!

どうやらゲームを出した人達がオープニングを公開しているが、なぜかわからないが日本語のテロップと日本語の曲が流れてるのがなんとも言えないとところ。

他にもプレイ動画なんかも出てはいるが、バッドエンドがかなりエグいのはこの手のゲームのお約束。

このゲームのバッドエンドに入ってしまうと、陸上競技場の真ん中に建てられた杭に縛られて、目隠しをされてというシーンに飛んで、集団スパイ容疑で公開銃殺刑で処刑されてしまうのだとか…。
最後のシーンは、Fire!という掛け声のあと、血しぶきが画面に出るという…。

確かにあの国ならありそうな展開だが…。

2017年6月18日 (日)

石垣~波照間に大型高速船 9月に就航予定

八重山毎日新聞に、石垣~波照間航路に大型高速船が導入されるという記事が載っています。

記事によれば総トン数284トンの大型高速船で、県外からの中古船を買ってきて整備して使うのだとか。

確か現状の波照間航路に使わる高速船は総トン数19トンの小型船で、私が波照間島に行ったときも就航していたのはこの小型船…。

自分が乗っている船の前に同じような高速船がいるとその波で派手に揺れるというなかなかすごい船だったりのを覚えています。

たしかその小型の高速船の最高速度が38~40ノットくらいという速力と記憶しているが、今回導入される船はそれよりは若干遅い船がやってくるようです。

これで、欠航する便が少なくなれば、また波照間島に行きやすくなるかなぁ…。

それにしてもやってくる中古船はどこから出てくるのか。

かつて、波照間海運が使っていた高速船は神戸-関空ベイ・シャトルの予備船『かぜ』になったはずだけど、大きさがぜんぜん違うしなぁ…。

2017年6月17日 (土)

長崎スマートカード、Nimocaに移行か?

長崎新聞に長崎スマートカードに関する記事が出ていました。

記事についてはこちらから。

どうやら記事を読むと、長崎自動車と、さいかい交通以外の参加事業者がnimocaに移行する方向で動いていて、長崎自動車と、さいかい交通はまだ導入についての方針を決めていないようで…。

過去に九州では宮崎交通のICカードが独自の宮交バスカからnimocaに移行したという動きもあり、最近はこの手の移行について補助金も出るらしい。

熊本のICカードについても、『くまモンのICカード』の使えるエリアでもSuicaなどでも使えるようにはなっていたりするけれど、今後そのような互換が今のところ内、鹿児島県内のICカードはどうなるのかもちょっと気になるところ。
鹿児島で何とかするとなると、いわさきグループをどうやって説得するかという問題も出てきそうな気がするが…。

長崎も気になるけれど、鹿児島もどうするのやら…。

2017年6月16日 (金)

ドライバーなしの自動運転車両の公道実験のこと

NHKニュースに沖縄県内でドライバーが乗らない形の自動運転車両の公道走行実験のニュースが載っていました。

報道によれば、道路に埋め込まれた誘導線をなぞる形で自動運転を実現しているのだとか。

他の自動運転システムだと車両にルートを覚えさせて制御するなんていうのもあるのだけれども、今回は誘導線を埋め込むことで対応するのだとか。

模型だとドイツのファーラーのカーシステムだとか、トミーテックのバスコレ走行システムなんかもこれと似たような形のシステムになっているはずだけど…。

でも、現状の日本の法律だと、道路に埋め込まれたビーコンをなぞりながら無人運転するIMTS(愛・地球博で走ってたもの)でさえ、鉄道車両の扱いを受け、動力車操縦者運転免許を取得した人が係員として乗っていたとの記憶があるのだが…。

このあたりをどうクリアしているのかちょっと気になるところではあるのだが…。

2017年6月15日 (木)

那覇空港~名護の高速バス 美ら海水族館直行便ができるようです

琉球バス交通のプレスリリースによると、那覇空港と名護バスターミナルを結ぶ系統番号111番の高速バスが延伸になり、美ら海水族館直行便ができるようです。

プレスリリースを見ると、既存の系統番号111番を延長して、系統番号117番とし、名護バスターミナルの先、本部港・美ら海水族館・オリオンモトブリゾートというバス停が追加されて延長になるようです。
そして、オリオンモトブリゾート発着便に関しては、金武インターチェンジと宜野座インターチェンジのバス停は通過になり、日中帯では高速バスが止まる時間にかなり空きがあるという状態になっていたりしています。

たしかこの2つのバス停だと、近くを系統番号77番が走っているので、こういう判断になったのか?と思うけれど、所要時間が違いすぎるしなぁ…。

系統番号111番は沖縄バス・那覇バス・琉球バス交通・東陽バスの4社共同運行路線ではあるけれど今回の美ら海水族館までの便には東陽バス担当分は入らないようです。

確か既存の名護~美ら海水族館の路線は琉球バス交通と沖縄バスの共同運行のはずで、このあたりも何か関係してるのかもしれません。

今までは、沖縄中央観光の『やんばる急行バス』でないと直行手段がなかったこの区間、これからはちょっと行きやすくなるのかなぁ…。

2017年6月14日 (水)

踏切の非常ボタンに関する誤解のニュース

先日、京急線の踏切で痛ましい事故があり、それに対しての非常ボタンの正しい使い方について紹介するというのが行われたことが産経新聞に載っていた。

記事についてはこちらから。

どうやら「非常ボタンを押すと全線の運転が止まる」だとか、「むやみに押すと損害賠償を請求される」なんていう誤解もあったようで…。

非常ボタンを押したところで、あくまで非常ボタンを押した踏切の近くにある信号が止まれと指示をだすだけで、全線止まるということはなく、悪質なイタズラでない限りは損害賠償を請求されるなんてことはないはずなんだけどなぁ…。

実際に非常ボタンをイタズラで何度も押して捕まった事例は聞いたことがあるだけに、非常ボタンを押したところで、恐らくはビデオカメラで動画を撮ったりしているだろうし、そういうあたりでこれは押されても仕方がないと判断しているのかもしれない。

こういうあたりは事業者のpr次第であるのは間違いないのだが…。

2017年6月13日 (火)

どうなる、フリーゲージトレイン

日本経済新聞に『長崎新幹線、フリーゲージ車両の導入断念 JR九州』なんていう記事が出ています。

車両だとか設備だとか色々と問題になっている点があるようで、結果として断念という方向に動くような感じの記事になっています。

日本経済新聞のスクープなのか、はたまた飛ばし記事なのかこれだけだと判断できないけれど、なんか大きな決断がなされるのは間違いなさそうな気がするというのだけは気に留めておくというのが正解であるような気がします。

佐賀新聞の記事によれば、定例記者会見の場でJR九州の社長が色々と課題があるとまで踏み込んで言っていたようで、この会見の内容を元に色々と解釈したら、フリーゲージトレインを諦めるという記事を導き出せるのかもしれない…。

かといって、フリーゲージトレインで対応するはずだった、新鳥栖~武雄温泉間のうち、新鳥栖~肥前山口の区間をミニ新幹線方式でどうにかすると言っても、その工事期間中の代替手段をどうするかという問題もあり、このあたりで色々と揉めそうな気がするんだけどなぁ。

果たしてこのあと、どんな動きになっていくのかがちょっと気になるところ。
新鳥栖~武雄温泉をフル規格にするにしても、それのための財源はないはずだし、どちらかと言うと優先度から考えると、北海道新幹線の札幌延伸、北陸新幹線の大阪延伸のほうが優先されるのがなんとなく察しがつくだけに…。

2017年6月12日 (月)

1935年の沖縄の写真

朝日新聞のサイトに、1935年の沖縄についての特集ページが組まれています。

特集ページはこちらから。

なんでも、朝日新聞の大阪本社の中から出てきたと言うものだそうで、古いい沖縄の様子が色々と出ています。

個人的には、戦前に那覇と嘉手納を結んでいた沖縄県営鉄道のs写真なんかを期待していたのだが、どうやら当時の取材対象から外れていたようで県営鉄道の写真はなく…。

あったのは那覇~糸満の鉄道馬車の写真くらい…。
現役の鉄道馬車というのでも十分珍しいといえば珍しいのだが。

戦前に本州のマスコミが取材に来て、その結果を本州に持ち帰っていたからこそ今でも残っているのかな?と考えてみたり。

当時も『石敢當』があるとか、色々と古い風習に関して興味深いところなんて言うのもあったりするような気がします。

まだザッとしか見ていないので、時間のあるときにじっくりと見てみようかと思う。

2017年6月11日 (日)

サッポロビール園の蒸気機関車 ニセコに移設

北海道新聞の報道によると、札幌市内のサッポロビール園に保存されていた蒸気機関車がニセコ駅前に移設されたそうです。

 なんでも施設のリニューアル計画で色々とあったところに、不動産業や鉄道模型の販売で知られるIMONコーポレーションの社長が移設費等を負担した上でニセコへ移設となったようです。

社長のブログにも念のためリンクを張っておこう。

 もし地元の公園の蒸気機関車をどうにかして整備したいというのなら、市役所の担当課に顔を売って信頼を得て、それでアクションを起こすというのが王道ではないかと個人的には思っていたり…。
 そういうところで今回はタイミングもよく、運よく対応できたのかなと思っていたり。

2017年6月10日 (土)

最近のドライブレコーダーって進んでる…

東名高速で非常に痛ましい事故がありました。
中央分離帯を飛び越えてきた乗用車がたまたま通りかかった観光バスにぶつかるという事故で、乗用車のドライバーが亡くなったとか…。

事故原因等は今後色々と分析されるところではあるだろうけれど、ちょっと驚いたのは観光バスに搭載されていたドライブレコーダーの映像がテレビで流れたということ。

どうやら最近の商用車向けのドライブレコーダーは、通信ユニットを内蔵したデジタルタコグラフと連動していて、タコグラフの情報は常時蓄積でクラウド保管、ドライブレコーダーの動画については急減速を検知したときか、ドライバーの判断で録画した映像をクラウドに取り込むという機能がついているようで…。

これだけの事故であるから、車両自体は警察が押さえてるのになぜ動画が出てくるのかと思えば、そういうことだったのねと…。

2017年6月 9日 (金)

セブンイレブン 沖縄県に2019年進出を正式発表

琉球新報の記事によると、セブンイレブンが沖縄県庁で会見を行い、2019年に沖縄県に進出し、5年かけて250店舗を展開する方向で動いているとのこと。

今までセブンイレブンがないのは沖縄県だけ、一番近いセブンイレブンは実はセブン-イレブン・ジャパンが運営しているのではなく、統一超商が運営している台湾のセブンイレブンだったなんて言う話もあるはずだし…。

ちょっと意外だったのはセブン-イレブン・ジャパンが100%子会社を作ってそこが沖縄のセブンイレブンを運営するというスタイルになるというところ。

このあたりは先に進出しているファミリーマート(リウボウインダストリーとの合弁)、ローソン(こちらはサンエーと合弁)のような形になるのかと思ったらこう来るかと。

前にも噂レベルで、スーパーマーケットのかねひで、燃料販売のりゅうせきなんて名前も上がってきてはいたけれど、あくまで噂レベルだったのかな。

この250店舗というのが果たしてどうなるのか、本島だけなのか、それとも離島にまで進出していくのか、それもちょっと気になるところだが、セブンイレブンのやり方だとちょっと離島は厳しいかなぁ…。

沖縄での物流拠点をどの辺に構えようとしているのかでまた何か見えてきそう。
続編も期待したいところ。

2017年6月 8日 (木)

進め!たかめ少女 高雄ソライロデイズの一卡通

進め!たかめ少女 高雄ソライロデイズが今月文庫になります。

公式ツイッターによると、どうやらその発売に合わせて一卡通が出るようです。

詳しくは、こちらこちらのツイートを見ていただくとして…。

どうやらアニメイトの一部店舗と、とらのあな・メロンブックスの一部店舗で限定発売の様子。
これは日本だけでなく高雄とかでも発売されるのかどうかもこれからはちょっとわからないけれど…。

台湾の交通系ICカードというと台北主体の悠遊卡と、高雄主体の一卡通というのが定番だけど、悠遊卡は過去に台湾観光協会で申し込むと送られてくるというのは過去にあったけれど、一卡通となるとそういう前例があるかどうか…。

発売価格はいくらなのかなというのがちょっと気になるところ。
確か一卡通はデポジットが100NT$(約370円)だけど、日本に来るとどのくらいの金額になるのかというのもちょっと気になるところで…。

手に入るなら買いたいなとは思っているけれど、いいタイミングで手に入るかどうか。
そして現地で使う人がどのくらいいるかというのもちょっと気になるところ。

ま、あっちだと加値(台湾でもチャージと言うらしいが…)も非接触なので。

2017年6月 7日 (水)

JR東海 ハイブリッド方式による次期特急車両の試作へ

JR東海のプレスリリースによると、特急型気動車の次を担うハイブリッド方式による試験車両の製造を開始するそうです。

プレスリリースについてはこちらから。

確かJR東日本も電気式気動車を発注するなんて言うプレスリリースもあったはずだし、JR北海道も次世代を担うべくかなり高性能の試作車を作ったが情勢があまりにも変わりすぎて勿体なけど捨ててしまったという事例もあったけれど、どの車両もハイブリッド方式によるもので、ここ最近の新しい気動車のトレンドとなりつつあるのかなと…。

確か、JR西日本の『トワイライトエクスプレス瑞風』もこの技術を使っているはずで…。

聞いた話だと、鉄道車両用のトルクコンバーターを作ってるメーカーが実質的に1社しかなく、そのあたりも一種のリスクと取られているという話もあるとかで…。

量産車は平成34年度を目標となっていることを考えると今後はこれが主力になっていくのかなと…。

そもそもアジア圏だと特急用のディーゼルカーは日本でしか需要がないしなぁ…。
台湾はもう数年すれば南部の非電化区間も電化されると決まってるし…。

今度の動きに注目したいところ。

2017年6月 6日 (火)

アニメ『ヤマノススメ』 3期決定!

アニメ『ヤマノススメ』の公式サイトにアニメの第3期が放送されることが決定したそうです。

公式サイトによれば、今年の秋にまずOVA版が出て、このあと来年にアニメ化されるようです。
確か1期は5分アニメ、2期は15分アニメであったはずで、果たして3期ではどのような枠で放送されるのか…。

原作もそれなりにストックがあるはずだし、まさかとは思うが30分アニメとかになるのかな…。
いわゆる『ゆるふわ登山アニメ』であるだけに、今までの作品のラインは変わらないにしても、このあとのシリーズがちょっと楽しみ。

ふるさと納税第2弾という記載もあり、こちらにもオリジナルグッズが出てくる様子…。
こちらもなんか気になるところ。

2017年6月 5日 (月)

F35A 国内生産初号機を公開

読売新聞にアメリカの最新鋭戦闘機、F35Aの国内生産初号機がお披露目された言うニュースが出ています。

記事についてはこちらから。

日本の空を護る最新鋭戦闘機で、たしかこれからステルス戦闘機になるんだったかな…。

とりあえず最初の4機はアメリカ製で輸入されてきて、残りの38機を日本国内で組み立てて検査もするようです。
作っている工場は三菱重工の小牧の工場ということだから、運が良ければ県営名古屋空港で飛んでるところが見れるかもという感じがします。

実戦配備は三沢基地になるようで、恐らく三沢の航空祭などで見ることができるようになるかなぁ…。

もしかしたら他の基地の航空祭に来てくれるかも?

2017年6月 4日 (日)

レッドブル・エアレース 室屋選手 優勝!

今日はレッドブル・エアレースの本戦。

今日は用事があるので、幕張には行けなくて色々とネットで情報収集で結果を見たところ、今年も室屋選手が優勝という輝かしい結果になりました。

予選は1位での通過にならなかったけれど、どうやら今日のほうが風も安定していたようで、2日続けて見に行けたら行っても良かったかなと思ったりしたり…。

どうやら今日は零戦が脚を出さないで飛んだようだし、2日とも来てくれると新しい発見があるかのように対応してくれているのかなと考えていたり。

また来年も幕張に来てほしい。
共産党が騒ぐのはいつものことだから無視してもいいとして…。

日本でレッドブル・エアレースがこの規模で開催できるところがどれだけあるのやら…。

お台場は羽田空港の管制圏の中だから絶対に無理だし、想定される来場者数だけをさばける交通手段等があるかとか、色々と考えると、やっぱりまた幕張かなと。

願わくば北風が吹くことが多い冬場にやると騒音関係のクレームも多少は減るのかな?と思ったり…。
これをやろうとするとワールドツアー自体が組み直しになるのは何となく分かるだけに、果たしてどうなるか。

来年もまたエアレースがあるなら見に行きたいなと。

2017年6月 3日 (土)

レッドブル・エアレースの予選を見に行ってきた

今日、明日と幕張海浜公園でレッドブル・エアレースが開催。
日程の都合から、今回は予選のみ見に行ってきました。

総武線側からだと幕張本郷駅からバスで会場へ向かうのが定番なのだが、なんか混みそうな気配を感じたので、幕張駅で電車を降り、千葉シーサイドバスで幕張新都心のタウンセンターまで行って、そこから歩きで会場へ。

入口の行列はそれなりに並んでいたけれど、意外と流れていたけれど、後続の列に気付かずにさり気なく割り込んでる人がいたのはちょっとどうにかならないものかと思ったり。

会場の中に入ると、それなりにフードコートとかも整っていて、結構頑張ってるなという感じがするけれど、ソフトドリンクが一律300円というのがちょっと驚き。

普通のペットボトル飲料とレッドブルが同一価格と言うのがある意味驚きというか、レッドブルが妙に割安に見えてくるという不思議なところも。

レース自体は見ていて非常に楽しかったのだが、撮影した写真はまだまだ整理中。

エキシビションである、DC-3と零戦の飛行だけ画像を上げておこうと思う。

Rab01
ブライトリングの世界一周ツアーで日本にやってきたDC-3。
駐機場と燃料の関係か、仙台空港からの飛来だったとか。

Rab02
旅客機としても使われた名機がローパスしてくれただけでもかなりありがたいところ。
本当に凄い事ができるもんだと…。

そして今回はレース以上に気になっていた零戦の飛行。
この手の軍事モノといえば定番の共産党の飛行中止申入れも会ったものの、雨乞いなんていう実力行使をしたなんて事例も聞いたことがなく(本気でやれば良いアピールになると思うんだけど…。やったら容赦なく拡散と言うか晒す)、いい天気の中飛んでくれました。

こちらはどうやら龍ヶ崎飛行場からの飛来だったようです。
Rab04 Rab05
優雅に東京湾を飛ぶ零戦。
正直言って感動しました。
最初のうちは、栄発動機ではないとか、JAレジ(日本国籍ではない)とか言っている人もいたようだけど、現状これよりもずっと新しいYS-11だって民間用の日本国籍で飛べる飛行機なんてないし、それよりも前の零戦を飛ばせる状態に日本がなるかというと極めて怪しいわけで…。
ただ、世界のどこかに飛行可能な零戦があるという状態は維持しなければならないのかなと思ったりもしています。

日本の技術史に燦然と輝く名機なだけになんとかならないかなぁという気もしていたり。

Rab06
そして最後は東京スカイツリーをバックに夕焼け空を悠然と飛んでいき、正直言って感動して泣けてきました。

またどういう形ででもいいから、飛べる大戦機が来てくれるといいなぁ…。

2017年6月 2日 (金)

SLやまぐち号用の新造客車

Twitterのタイムライン上に、SLやまぐち号の新造客車の画像が出てきています。

とにかく色々と出ているので、画像については各自検索していただければと。

最初に画像が出てきたのは、製造メーカーである新潟トランシスから製品出荷用の引込線へ陸送中の様子でした。

見た目は旧型客車だけど、冷暖房完備(もちろん夏は冷房、冬は暖房ね)の車両なんてできたら面白いだろうし、やり方次第では本物の旧型客車より軽くてもう1両編成を長くできるとかあるんじゃないの?なんて冗談を言っていたのが本当になっちゃった感じ。

台湾の保存蒸気機関車が牽引する客車にも冷房車があるけれど、あちらはもともと冷房車のものと、後付で冷房をつけたのとがあったはずで、こちらだと電源車を繋がないと冷房が動かないはずなのだが、今回の新車はどうやら中間の車両にディーゼル発電機を積んでいるようで、これで諸々を賄うような雰囲気。

台車もう今となっては標準のボルスタレス台車になってるし(見た目にはDT50・TR235のあたりのシリーズかなと見たが)、保守に関しても特殊な保守をしなくていいのかな?と思えたり、クーラーが出っ張ってるという意見もあるが、よく見るとこれもJR西日本の汎用品に見えるし、色々と工夫している感じがします。

何か機会があれば、またやまぐち号に乗りに行かなくては…。

«京福電気鉄道 高雄捷運と観光連携協定締結