2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年1月6日 | トップページ | 2007年1月8日 »

2007年1月 7日 (日)

ヱビスビール

読売新聞の報道によりますと、サッポロビールのプレミアムビール(と私は勝手に認識している)ヱビスビールの出荷量が過去最高を記録したそうです。売れた量は大瓶に換算して1013万ケースととのこと。しかも、過去14年間連続で売上が伸びているとはかなりの快進撃と言えるだろう。

一方、サントリーのプレミアムモルツも前年比4倍の売上があったものの、ヱビスビールの生産量の半分程度しかないそうです。

ヱビスビールは、ビールの銘柄のほうが先に出来て、その製品出荷のために出来た駅が恵比寿駅であるのけっこう有名な話だと思います。

過去に雑誌THE Beer & Pubでも、恵比寿のビールな店22軒なんていう特集も組まれていますし、恵比寿駅の発車ベルは、ヱビスビールのCMにあわせて、『第三の男』になっています。

なんでも、地元からの陳情で発車ベルが『第三の男』になったそうで、恵比寿といえばビールの街というイメージが定着しているのでしょう。

近頃、物の売れ方として、ちょっとした贅沢か安いものの二極化が進んでいるようにも思えます。

普通のビールからプレミアムビールや地ビールにスイッチしていく人もいるし、発泡酒や第三のビールにスイッチしていく人もいるようです。

地ビールに魅せられて、醸造所めぐりなんかしている私は間違いなくプレミアムビールや地ビールへスイッチして行ったほうですね(笑)。

これからも楽しく適量を守ってビールを楽しんでいきたいと思います。

« 2007年1月6日 | トップページ | 2007年1月8日 »