2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年2月10日 | トップページ | 2007年2月17日 »

2007年2月12日 (月)

新横浜ラーメン博物館

昨日、新横浜にあるラーメン博物館に行ってきました。

Sr00 新横浜駅に程近いオフィス街の中にあり、しかも表通りには面していません。

表向きからすると、高い建物に見えますが展示スペースとしているのは1階と地下だけです。 

 

Sr01 新横浜ラーメン博物館の中にはいくつもお店がありますが、ラーメン屋をハシゴする気は全くなかったので、色々と迷った結果、和歌山の井出商店に入りました。

 

Sr02 和歌山ラーメンの大きな特徴と言えば、ラーメンの前に『早寿司』と呼ばれる鯖の寿司を食べることにあります。

押し寿司の一種で、ラーメンが出来る前に食べるのが正しい食べ方のようです。

 

Sr03 特製ラーメンです。

一応どんな麺を使っているか分かるように撮ってみました。でも…、実は写真を撮る前に一口食べてしまっただけです。

Sr04 館内は昭和30年代のテイストで固められ、物干し竿にダッコちゃんがぶら下がっています。

でも…、テレビ用の八木アンテナが2本全然違う方向を向いているのはなぜなのでしょう?

本来であれば、同じ方向を向いていなければいけないはずなのに…。それじゃないと、全く違う方向のテレビが映るはずなのに。Sr05

玄関先の細かい標記も凝っていて、水道は横浜市水道局、ガスは東京ガス、電気は東京電力で、ちゃんとNHKの受信料を払っているようです。

 

Sr06 町の中の広場です。

夕方の雰囲気が出ており、館内は常に薄暗い状態になっています。

こっちを見ても、テレビ受信用の八木アンテナが全部違う方向を向いています。

Sr07 道端に止めてあったスクーター。

良く調べてみると、富士重工業が作ったラビットスクーターのようです。

同年代のバイクとしては、ホンダスーパーカブなんかもあるのですが、スーパーカブだと今と殆どデザインが関わっていないので…。

Sr08 街並みへの入口は、国鉄の『鳴戸橋』という駅と言う設定になっており、その駅はどことなく鶴見線の国道駅に似た怪しい雰囲気を醸し出していました。

よく見てみると駅名もラーメンに絡んだものから取ったものではないかと…。

Sr09 そして、その鳴戸橋の駅を降りると、下にはこのマーク。

営団地下鉄のマークがこのマークになったのは、1960年のことらしいので、時代設定としては東京オリンピックが始まる直前くらいではないかと…。

どうみても、普通の人が見るところと違うところしか見ていないような(^^;;

« 2007年2月10日 | トップページ | 2007年2月17日 »