2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年4月13日 | トップページ | 2007年4月15日 »

2007年4月14日 (土)

大井川へ

大井川鐵道で運行されているトラストトレインのボランティアに行ってきた。

ボランティアに関わり始めてかれこれ7年。

何とか人に指示を出して作業を回せるようになってきたような気がするけど、まだまだ若手の域を抜けていない。

ボランティアの中でも未だに経験していない案内放送にも今回挑戦してみたけど、自分的にはあまりうまく行ったようには思えず…。

途中で数回噛んでしまったし、『車内は禁煙です。灰皿がある車両がありますが禁煙です。先頭からあれだけ煙が出てるじゃないかといわれる方もいるとは思いますが禁煙です。』って言おうかと思ったんだけど失敗…。

本当にやったら2ちゃんねるに晒されちゃうかも(笑)。

折り返しの合間に千頭駅で見たもの…。

Srt001 一見すると、ごく普通のマイクロバス(日産シビリアン)に見えますが、ナンバーは『33』ナンバー。

つまり、これタクシーなんです!

しかも、この場所は駅のタクシー乗り場で客待ちをしている状態。

座席数を数えると確かに10席しかなく、ドアにはちゃんと初乗り料金の表示があって、中には当たり前のようにメーターも付いている。

さすがに中型ではなく特大車の扱いになってました。

都内じゃ、トヨタアルファードで普通の中型料金の車なんていうのもあるんですけどね。

トラストトレインは、今回から定期列車の名称をトラストトレインにする形での運行となり、金谷11:48~千頭13:12・千頭15:23~金谷16:46での運行となりました。

12月だけは金谷行きのダイヤが変わるようです。

今回は、ナショナルトラスト所有のオハニ367は整備中で運行に使用せず、C12164もATSが付いてないことで使用していないので、以下のような編成になりました。左が千頭になります。

C11227-スハフ433-スハフ432-オハ35459-オハ35149-オハ3522-オハフ33469-オハ35435-電気機関車(E101だったと思う)。

普段であればトラストトレインの客車は金谷寄り後ろ3両と決まっていたのですが、今回は千頭寄りに2両繋ぐ形になりました。

行きはかなり多くのお客さんに乗っていただき、楽しんでもらえたようです。

帰りは千頭発車時点ではガラガラ。

途中の家山からバスツアーの団体があって1つは観光バス6台と言う大口の団体。

あとで新金谷で降りるときに見たら、名古屋の名阪近鉄旅行のカッコーツアーのご一行でした。

名阪近鉄旅行のホームページを見ると、朝名古屋を出て、焼津で本鮪vs大トロフルコースの昼食(と言うことは大トロは本マグロではないのだな?)を食べた後、わさび工場見学、石垣いちご狩り(いちごのシーズンが終わればメロンになるそうな)、お茶工場見学、そして家山~新金谷のSL列車乗車、夜名古屋へ帰るというコースのようです。

関東発着のバスツアーの定番コース、勝沼とか富弘美術館なんかと同じような感覚に見えてきちゃいました…。

そのあと、大井川鐵道さんのご好意でC12208のボイラーに振り替えたC5644を見学させていただきました。

Srt003 まずは正面から。

普段はケーシングの下に隠れているボイラー全体が見えるような状態になっています。

Srt004

続いてちょうど運転台がかぶさるあたりからの画像です。

このC12208は、昭和50年まで走っていて、しかも廃車になる数年前にボイラーを載せ変えていたこともあり状態が大変良かったそうです。

中の煙管も全て新しいものに交換してあり、復活が待たれます。

ただ、新金谷の側線においてあった頃は草が絡まり怪しい雰囲気を醸し出していました。

その状態がトワイライトゾーンマニュアル15の表紙を飾ってしまいました。

C56のボイラーを振り替えたいといっていた人が、そのトワイライトゾーンマニュアルに記事を提供しているというのも偶然ではなさそうな気がしてきた…。

今度のトラストトレインの運転日は5月26日土曜日。

たぶん参加できると思うので、また参加しようかと思っています。

« 2007年4月13日 | トップページ | 2007年4月15日 »