2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 不動産屋の物件で… | トップページ | 高射学校に行く »

2007年4月28日 (土)

タビと道づれ

私がオススメに入れているjinnさんのブログで紹介されていた本です。

jinnさんは尾道在住の方で、地元のネタを中心に書いている方です。

確か、深夜アニメの『かみちゅ!』をきっかけに見に行ったブログであったと記憶しています。

『かみちゅ!』をきっかけに尾道に魅せられてしまった私は、ほぼ毎日のようにチェックをしています。

この本をオススメに入れるかどうかはちょっと未定なので、本文上にISBNを書いておく。

出版社:マッグガーデン

著者:たなかのか

タイトル:タビと道づれ

ISBN:ISBN978-4-86127-379-7

あんまり細かく書いてしまうとネタバレになってしまうのであえて書きませんが、海と坂と路地の街"緒道"を舞台に綴られるストーリーとだけ…。

で、表紙を見ると主人公のタビが階段を登っていくシーンが描かれており、その後ろには造船所のクレーン。

この造船所のクレーンは、見た感じでは『男たちの大和』のロケセットがあった日立造船の工場のあとにあった六色のクレーンではないかと(^^;;。

つまり、緒道=広島県尾道市とも取れるような内容。

ざっと見た感じでは、尾道市内と思える場所が10箇所ほどある。

ゴールデンウイークは怒涛の9連休なんで、5月4日に尾道に行こうと思っています。

ついでに聖地巡礼してくるか(笑)。

本当は別の作品(『かみちゅ!』)の聖地巡礼なんだけどねぇ…。

« 不動産屋の物件で… | トップページ | 高射学校に行く »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タビと道づれ:

« 不動産屋の物件で… | トップページ | 高射学校に行く »