2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 秋葉原といえば… | トップページ | 中吊りで… »

2007年5月12日 (土)

旧モーガン邸 全焼…

前に一度だけボランティアに行った藤沢市にある旧モーガン邸が火事で全焼してしまった…。

昼のNHKのニュースを見てびっくりしてしまった。

予定では来週の週末に一般公開が行われるはずだったのに…。

建物自体には今人は住んでいないし、常に門を閉じた状態になっているはずなので、放火されるような状態ではないはずだし…。

元々は、丸の内ビルヂンク(初代丸ビル)の設計技師だったJ.H.モーガンが自宅として藤沢市に建てた邸宅で、モーガンがなくなった後持ち主が転々として、現在は藤沢市と日本ナショナルトラストが保有しています。

その前はと言うと、整理回収機構が持っていたようです。

整理回収機構と言うことは、元々は金融機関の不良債権だったわけで、さらに調べてみると横井英樹と言う名前が出てきました。

買収王と知られたこの人は、モーガン邸の立派な竹林に目をつけ、筍を掘るためだけの別荘として買ったという…。

整理回収機構が売却を計画したあたりから、6000平方メートルの土地を宅地開発して20戸近い戸建て住宅が建つ計画なんていうのが出てきて、地元の人たちが環境保護と目指してボランティア活動を始めたようです。

ここでボランティア活動をしているのが、旧モーガン邸を守る会という会で、地元の人たちが中心になって活動をしているところです。

私の見た感じでは、参加者同士は『○○さん』と呼び合うのではなく、『○○くん(ちゃん)のお母さん(お父さん)』と呼び合うような雰囲気を感じる、子供を通して知り合いになったような人たちが多かったように思えます。

どうもその中に市議会議員の方がいて(どこにでもPTA役員出身の議員さんはいると思う)、市が動いたように思えます。

日本ナショナルトラストの会員として、ボランティアに行った時は最初草取りの予定だったのですが、現地に着いて実際にやったのは草取りではなく、玄関先のソテツの剪定…。

何年も放置されていると、愛知万博のモリゾーみたいになっていたものを3人がかりで大掃除してきたのを覚えています。

これからどうなっていくか正直心配ではありますが、手伝いにいけるときはまた手伝いに行こうかと思っています。

« 秋葉原といえば… | トップページ | 中吊りで… »

コメント

この「事件」夕方のニュース番組で知り唖然呆然愕然状態です。次世代に伝えていくため折角皆さんが頑張って保存活動をしていたのに…夜のニュースでは放火の疑いが指摘されていました。もしも放火だとしたら許し難い愚挙蛮行です。
建物の再建その他、お手伝いできる事があれば協力は惜しまない所存です。

新聞に続報が出ました。
どうやら、建物内部に侵入して放火した形跡があるとのこと…。
一帯誰が何のために…。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧モーガン邸 全焼…:

« 秋葉原といえば… | トップページ | 中吊りで… »