2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『オタク』に目覚めたのはいつ? | トップページ | 旅人をつなぐ”マルスシステム”開発ストーリー »

2007年5月31日 (木)

中央本線の高架化

中央本線の三鷹から国分寺までの下り線が来月末に高架になる。

見た感じでは、ほぼ完成していてあとは本線と繋いだり接客設備の工事を残すところといったところだろう。

国分寺駅のちょっと東京寄りにある東京経済大学の前あたりには検査用の機材がいくつか…。
線路を走れるように改良されたパワーショベルの他、車両限界(建築限界かも…)を測定する枠をつけたトロッコや、それを牽引するためと思われる小型動力車『アント』もあった。

車軸がはっきりと見えたので、コンクリート製の死重を積んでいない『アント10型』か『アント15型』のいずれかではないかと…。死重を積んでいればアント20型になるはずだから…。
アント20については、3月10日の当ブログを参照のこと。
『アント15型』でも、大きさの割には貨車を引っ張ることができるから(どうやら100トンくらいまで引けるらしい…)、ちょっとした検査レベルであれば、機関車を持ち込まずともこれで充分なのかも…。

« 『オタク』に目覚めたのはいつ? | トップページ | 旅人をつなぐ”マルスシステム”開発ストーリー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/15271525

この記事へのトラックバック一覧です: 中央本線の高架化:

« 『オタク』に目覚めたのはいつ? | トップページ | 旅人をつなぐ”マルスシステム”開発ストーリー »