2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ゴールデンウイーク 旅行1日目 | トップページ | ゴールデンウイーク 旅行3日目 »

2007年5月 2日 (水)

ゴールデンウイーク 旅行2日目

今日は、城崎から松江へと向かいます。

城崎温泉 8:04発 普通浜坂行き キハ471106+キハ471

502001 今日一日はディーゼルカー乗りまくりの日。

まず最初はキハ47。

車体が重いせいかあまり加速が良くなくのんびり走る。

なにやら新任乗務員の研修を兼ねてるようで、確認作業は普段以上に厳しくやっていた。

途中、すっかり観光地化している餘部鉄橋を過ぎ、浜坂へ向かう。

当初は餘部で降りて写真を撮りたかったが、運行本数が少ないので断念した。

でも、餘部鉄橋の7メートル南側に鉄橋をかける計画とは言うけれど、餘部鉄橋の京都側はすぐトンネルなので、架け替えの時はどのように変わるのかがちょっと気になるところ。

浜坂9:01着 9:15発 普通鳥取行き キハ4780+キハ471112

502002 浜坂で列車を乗り換える。ここまでくれば山陰線高速対応のキハ121に乗れると思ったが、来たのはキハ47の2連。

せっかくなのでイラストの入っているキハ471112に乗る。

2両ワンマンなので、こっちに乗れば客の乗り降りも少ないと判断したのもあるが…。

鳥取10:00着 鳥取駅前10:20発 日本交通51系統若桜車庫行き 鳥取22か1524

鳥取から若桜鉄道の終点の若桜へ向かうが、駅構内のターンテーブルを見る時間を捻出するため、あえて日本交通の路線バスで向かう。

途中、急にトラックが前に入ってきて衝突しそうになるというハプニングはあったものの、何とか若桜まで着いた。

若桜駅前のスーパーで食料を調達して早めに食事を済ませ、若桜駅構内の撮影に行く。

ここには入場券の他に、入構券なるものがあり、これを持っていることで駅長の許可を得た形になっているようだった。

50201 ここの一番の見所は、構内にあるターンテーブルで、全長が15.44メートルある昭和5年に川崎造船が製造したものです。

このサイズが手ごろだということで、静岡県の大井川鐵道から『譲ってほしい』と声をかけられたが、丁重に断ったとのこと。

本当に大井川鐵道に譲渡されていたら、今頃大井川ではバック運転が見られなくなっていたかも…。

たぶん、大井川鐵道はまだ転車台を探しているはずなので、どこかに使っていない転車台があったら大井川鐵道に連絡してみてはどうだろうか。

若桜12:32発 普通鳥取行き WT3004+WT3001

昼下がりなので、1両かと思ったら入換作業が始まり2両での運行となった。

取り立てて2両で走らせる必要もないのに2両運行する意味があるのだろうか…。

途中、東郡家駅の近くにWT3002の廃車体が物置として使われているのを見ることが出来た。

鳥取13:20着。

目の前には、今日の目的地の松江方面に行く、新山口行きの特急『スーパーおき』がいたが、せっかく鳥取まで来たのだから鳥取砂丘へ行こうと思い、観光案内所へ行くとバスが行ったばかり…。

そして、案内所で薦められたのが『砂丘物語』という観光タクシープラン。

普通にタクシーで行ったら往復で5000円近くかかるところを、3800円になるというので、タクシーで行くことにした。

50202 鳥取砂丘の全景が見えるところと言うところで連れて行ってもらえたのが、砂丘を見下ろすゴルフ場の駐車場。

普通にバスで行ったらここまでは行けないからねぇ…。

50203 そのあと実際に砂丘の中に入り撮ったのがこの写真。

ツアー客の中には長靴を履いている人が何50204人もいたけれど、どうやらお土産物屋さんが貸しているようだった。

砂丘の中には観光馬車が走っていて、どこか見晴らしのいいところまで連れて行ってくれるようだったが、特に乗る必要はないと思い、写真だけ撮ってきた。

5020650205  馬にはキティちゃんやくまのフーさんなんかを乗せていることからすると、馬には人が乗らず横で鞭を振っているのかも。

こういうところで版権にうるさいものを使ってしまって、果たして大丈夫なのかちょっと不安なところ。

50207 鳥取砂丘といえばラクダだけど、料金表には写真撮影だけでも有料だと言う。

せめて写真くらいいいじゃないかと思えたけど、よくよく考えてみれば写真を撮るだけで乗らない人が一杯いるのかとも思える…。

ここに地元の自治体がラクダの像なんか建てたら商売上がったりになってしまうのかなぁ…。

その後タクシーで鳥取駅に戻り、鳥取から再び列車の旅。

鳥取15:21発 特急スーパーまつかぜ5号益田行き キハ187-1005

この日は、レイルマガジンの名取編集長が出ているNHK第一のラジオ番組の特別編があり、それを聴きながら移動する。途中までは鳥取局のラジオの電波を捕捉していたが、途中から聞こえにくくなってしまった。

よりによってこんな日にNHK第一の周波数を調べてないと、2ちゃんねるの乗り鉄スレッドにぼやいたら10分もたたないうちに、鳥取・米子・松江の周波数が書き込まれ、しかもそれを見たタイミングが運転停車中だったので、急いで米子局に周波数を合わせ、また聴くことができた。

この番組にはレイルマガジンの名取編集長の他、マネージャー南田のせいで鉄道好きになってしまった(させられてしまった?)豊岡真澄さんが出ていて、かなり濃いトークを展開していた。

鉄道雑誌の編集長の中でもかなり濃い名取さんを相手に互角以上のトークをしていたように思える。

松江16:50着。

そのままホテルにチェックインして、ラジオを聴き続けました。

今日をもって、本州の全都府県に足を踏み入れるというのを達成しました。

そのためにちょっとだけ食事にお金をかけ、一人でお祝いをしました。

« ゴールデンウイーク 旅行1日目 | トップページ | ゴールデンウイーク 旅行3日目 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/14976651

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデンウイーク 旅行2日目:

« ゴールデンウイーク 旅行1日目 | トップページ | ゴールデンウイーク 旅行3日目 »