2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 中央本線の高架化 | トップページ | B-1グランプリ »

2007年6月 2日 (土)

旅人をつなぐ”マルスシステム”開発ストーリー

前から読んでいて、読み応えのある本を紹介します。

タイトル:旅人をつなぐ“マルスシステム”開発ストーリー (単行本)
著者:金子 則彦 (著)
出版社:アイテック
ISBN:4-87268-474-5

鉄道で旅行する人なら、誰もが1度は間違いなくお世話になっている、JRのオンラインシステム『マルス』。
このシステムを開発した時のストーリーがまとめられた本です。

この本は、元々システムエンジニアの資格試験向け教材の副読本であったはずで、それに加筆したものであったと記憶しています。
ただ、取り上げているネタがネタだけに、鉄道系の本のコーナーに置かれていることも多々あります。
システム開発担当者自ら三重発券(同じ席の指定券が3枚ある)に巻き込まれるなど、ただの開発ストーリーでは取り上げられないようなものまで取り上げられています。

マルス関連はもう一冊本があるはずなのですが、確か著者が航空アナリストと聞いているので、内容的にどうなのか…。

« 中央本線の高架化 | トップページ | B-1グランプリ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/15293858

この記事へのトラックバック一覧です: 旅人をつなぐ”マルスシステム”開発ストーリー:

« 中央本線の高架化 | トップページ | B-1グランプリ »