2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年7月17日 | トップページ | 2007年7月19日 »

2007年7月18日 (水)

JR貨物時刻表

普通の人ならまず買わない、『JR貨物時刻表』を買ってきた。
時刻表と言っても貨物扱いのある駅だけの時間表示なので、東京~大阪が1ページに収まっています。
東海道線の場合
東京(タ)-川崎貨物-新鶴見(信)-横浜羽沢-相模貨物-三島-沼津-吉原-富士-静岡貨物-西浜松-豊橋-(大府)-笠寺-稲沢-岐阜(タ)-(大垣)-米原(操)-石山-膳所-梅小路-向日町(操)-吹田(信)
(信)は信号所を表し、荷物扱いのないところ。
(タ)は貨物ターミナル。
(操)は操車場でここも基本的に貨物扱いがないところ。
大府が括弧付きになっているのは、武豊線経由で衣浦臨海鉄道とつながっていて、そこからの貨物があるから…。ここへ古い貨車が回送されると二度と帰ってこないとも言われる場所があったり…。
大垣が括弧付きになっているのは、ここから分岐する美濃赤坂支線の先に西濃鉄道があるから。
今あげた駅のうち、石山と膳所の貨物扱いは今はないようです。
上にあげた駅以外は全て貨物の取扱があるはずです。

昔であれば貨物扱いのあった駅でも今となっては… と言うところが多く、いかに鉄道貨物がトラックに押されているかと言うのがなんとなく分かるような…。
10年前までならたくさんあったセメント輸送でさえ、東藤原(太平洋セメント)~四日市港と、青海(デンカセメント)~越中大門の臨時しかなくなってるというのがある意味衝撃的です。

« 2007年7月17日 | トップページ | 2007年7月19日 »