2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年8月6日 | トップページ | 2007年8月8日 »

2007年8月 7日 (火)

機械遺産に25種類が選ばれる

時事通信社の報道によると、日本機械学会が機械遺産を25件選定したそうです。
以下斜字が記事
 日本機械学会は、創立110周年記念事業の一環として、戦後の国産量産旅客機YS11や最初の東海道新幹線車両0系など25件を初の「機械遺産」に認定した。斎藤忍会長(IHI主席技監)が「機械の日」の7日、都内で関係者に認定証を授与した。
 約2年かけて選定作業を行った機械遺産小委員会の堤一郎委員長によると、機械技術の発展史上の重要な成果か、国民生活に貢献した機械や資料などが対象で、独自性も重要な認定基準の一つ。来年以降も追加認定される。

小委員会の委員長を務めた堤先生は産業考古学が専門で、産業考古学会の理事や、日本鉄道保存協会の顧問をされている方。何度かご一緒させていただいたことがありますが、幅広い知識には驚かされるばかり。

日本機械学会が選定した機械遺産25種は日本機械学会のサイトを見ていただくとして…。

一覧を見たところで、この中でプロジェクトXで放送されたのがいくつあったかと考えてしまいました。
私が見たものでは
・ホンダCVCCエンジン
・新幹線
・YS11
なんかがあったような…。

他にも色々と歴史と縁のあるものも含まれています。
依佐美送信所の高周波発電機といえば、真珠湾攻撃の電文『ニイタカヤマノボレ』を発進した設備の一部ではないかと…。
いきなり最初の25件でかなり凄いものが出てきてびっくりしているところもあるのですが…。

« 2007年8月6日 | トップページ | 2007年8月8日 »