2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年8月10日 | トップページ | 2007年8月12日 »

2007年8月11日 (土)

とりあえずビール!

テレビで外国人のレポーターが日本の独特の文化を取り上げていた。

今回のネタは…、『とりあえずビール!』

外国人からみるとかなり奇抜に写るらしい。
本当に飲みたいものを頼まずにみんなでビールを飲むのが奇妙に写るのか、それとも「ビール」とだけメニューにあって選択肢がないのが変なのか…。

ビール評論と言ったら必ず出てくる藤原ヒロユキ氏の著書『知識ゼロからのビール入門』の最初は、「とりあえずビール」から卒業しませんか?というもの。
その本からネタを引っ張ってくると、外国人の中には『とりあえずビール』という銘柄のビールが存在すると信じている人もいるのだとか(笑)。

でも…、とりあえずビールが日本で通用するのは、日本の大手ビール5社がピルスナービールを中心に売っていて、しかもその質が安定していると言うのがあるのかもしれません。
アサヒビールとキリンビールにスタウトがあることを知っている人はどのくらいいるのか?
スタウトは、酒屋さんが1ケース売り切る自信がないから仕入れないと言われているくらいですからねぇ…。
知り合いの酒屋経験者に『スタウト買ってくれるなら1ケース買ってよ!』って言われちゃいました(笑)。
瓶と樽しか商品がないのだから、商品自体が幻と言われてもおかしくないようです。
デンキブランで有名な神谷バーに行くとちゃんとアサヒスタウトが置いてあったりしますが…。

日本の大手メーカーのうち一つがピルスナービールよりもエールビールに重みを置いていたら、「とりあえずビール」って言葉も生まれなかったかも知れませんし、地ビール文化も違う方向に進んでいるかも…。

私の場合、会社の人と飲むときは言っちゃいますね。
「とりあえずビール」って。

でも、1人で飲むときは行きつけの地ビールパブに行くんで、銘柄を指定して飲みますが…。
こういう店で冗談半分に『とりあえずビール』って言ったらどう返されるのだろう。
試す気すらありませんが(笑)。
でも、いつも「とりあえずビール」ってやってる人はメニューを見て悩んでいるような気も…。

« 2007年8月10日 | トップページ | 2007年8月12日 »