2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 再び秋田へ | トップページ | 由利高原鉄道に行く »

2007年8月17日 (金)

五能線へ

前々から行きたい行きたいと思っていた五能線に行ってきた。
普通列車で走破するとけっこう大変なので、あえてリゾートしらかみ3号の指定券を確保し、五能線・奥羽本線を一回りしてきた。

G01今回乗ったのは2本目のブナ編成。この編成がデビューした時に一度品川駅に見にいった編成。
利用客もそこそこいたが、かなりの人数がウエスパ椿山で降りていった。
どうも夕日が綺麗なことで有名な不老ふ死温泉に行く人が多いようだった。
この編成写真は途中の深浦駅で撮影したもの。
途中、すれ違いの時間調整などで微妙に停車時間が取られていたりします。

G02そのあと観光体験と言うことで千畳敷で10分ちかく停車。
駅の向かいの千畳敷での散策時間が取られていましたので、あえて降りてみました。
このあたりは車での観光客が多く、車の流れが途切れるのにちょっと時間がかかったり…。
今回画像はないけれど、近くには変わった形の岩もいくつも見られました。
その昔、お殿様がここで宴を開いたとも言われています。

G03

千畳敷の駅に止まるリゾートしらかみ。
元々千畳敷は仮乗降場で、そのあと臨時駅に格上げ、そして常設の臨時駅ということで駅に格上げになったところです。
そういうこともあってか、ホームの作りもかなり簡易的なものとなっています。
ホームの上面は舗装されているけれど、下から見ればマクラギを組んだかなり簡易なもの。
普段の利用客も推してしるべしというところでしょうか。

G04途中の鰺ヶ沢から五所川原までは津軽三味線の生ライブ。
三味線あり民謡ありのライブで、一部の席には掛け声をお客さんにかけてもらうシーンも。
それがイヤで席を外していく人も数人いました。
私自身はそういうのを気にしないので、普通に席にいてちゃんと掛け声をかけてきました。
こういう観光体験となかなか面白いと思え、他でも取り入れられることを期待したいと思います。

G05五所川原駅に停車中に、駅とつながっている津軽鉄道を撮影。
このほかにもストーブ列車や気動車も止まっていたが時間がなく撮れなかった。
数年前に、一度訪問しようと計画を立てたが暴風雪警報が出てしまって断念しただけに、今度こそは訪問したいと考えています。

G06弘前駅で見かけた貨物列車。
富山の札がかかっているものの、関門トンネル用の400番台です。
恐らく新潟県中越沖地震の影響で富山に戻れなくなったのではないかと…。
後続のコンテナ車にかかっていた車票を見ると、秋田貨物駅~盛岡貨物駅を結ぶ列車のようです。
こういう区間の定期設定はないはずですから、地震の影響がこんなところにきているのかもしれません。

G07秋田へ戻り、秋田市内の地ビール醸造元であるあくらビールへ。
一度、あくらビールのある場所と違う場所にうっかり入り込んでしまい、ちょっと迷いましたが、一度そこから出てしまえば看板が見えてきます。
これからあくらビールに行く人は、横にスポーツ用品店があるところを入ると絶対に迷うので注意していただければ…。
元々酒蔵だったところを改装して作った醸造所でこじんまりとしてはいましたが、味はかなりのもの。
愛好家の間でも東北の地ビールの中でかなり高い評価を得ているようです。
どうも、秋田の地酒『高清水』と縁のある場所のようです。

今まで行きたいと思っていたところを何箇所も一気に制覇したので、ものすごく充実した一日でした。
JRもやっと半分乗ったし…。

« 再び秋田へ | トップページ | 由利高原鉄道に行く »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/16170401

この記事へのトラックバック一覧です: 五能線へ:

« 再び秋田へ | トップページ | 由利高原鉄道に行く »