2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ナショナルトラスト運動について | トップページ | 木村裕子のラジカントロプス2.0 »

2007年11月10日 (土)

採荼庵跡

江東区の深川に松尾芭蕉が『奥の細道』に出発するまで住んでいた採荼庵跡と言う場所がある。
Saimg_0001 その場所の画像はこちら。
所在地は江東区深川1-9。
清澄通りと仙台堀川が交差する海辺橋のたもとにあります。
地下鉄の門前仲町駅と、清澄白河駅の間にあります。
若干ではありますが、門前仲町よりも清澄白河のほうが近いかも…。
松尾芭蕉の時代に新建材があるわけがないのはとりあえず置いておいて、なぜ窓の向こうが見えないのかと言うと…。
Saimg_0002 裏側がこれだけしかないからです!
中身がカラなら、こちら側も壁を作ってくれればいいのに…。
ひょっとしたらここに壁を作ると税金とか色々面倒なことになっちゃうのかも知れません。
でも、裏から丸見えってのはいかがなものかと思うのですが…。

« ナショナルトラスト運動について | トップページ | 木村裕子のラジカントロプス2.0 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/17035978

この記事へのトラックバック一覧です: 採荼庵跡:

« ナショナルトラスト運動について | トップページ | 木村裕子のラジカントロプス2.0 »