2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 秋葉原駅のポスター | トップページ | 冬のスマタ(その2) »

2007年12月30日 (日)

冬のスマタ(その1)

学生時代の友人と、毎年恒例の旅行に行った。
今回は大井川鐵道のSLと、奥大井湖上駅から接阻峡温泉へのハイキングと寸又峡温泉での一泊旅行となっていますが…。
ちなみに『冬のスマタ』は、大井川鐵道が『冬のソナタ』のパロディで作って話題になったツアーのタイトルだったりします。
一部の口の悪い人の間では、ヨン様を起用した上で金嬉老事件(寸又峡温泉のであった歴史的大事件です)のドラマでも撮るのかなんていう言葉が上がったくらい…。

朝はいつものように(このあたりが笑うポイントですね)新幹線に乗って静岡に向かいます。
『ひかり』に乗ってしまうと、静岡での接続が島田止まりになってしまうので、あえて『こだま』で向かいます。『ひかり』に乗っても『こだま』に乗っても、金谷に着く時間は同じになってしまいますから…。
結局、参加者が殆ど金谷駅で集まってしまい、そのまま金谷駅から新金谷駅へ徒歩。
列車を待っているよりも歩いたほうが早いし、あと夜に飲む酒やつまみの買出しをするのも目的だったり…。
千頭駅の近くにスーパーやコンビニがないことを前もって知っていたこともあり、金谷のヤオハンで買い物をして新金谷駅へ。
そして、新金谷駅からSL列車に乗り込みます。
普段ボランティアに参加していると、新金谷から回送列車に乗り込んで金谷駅まで行き、それからご案内をしつつ新金谷へ来るのが定例パターンだけに、なんか新鮮な感じがします。
下りのSL急行の中では、普段はデッキに立って安全確保のためのドア扱いなどをしているので、座って乗っていたのは本当に7年ぶりぐらいだったり…。
ホームの様子を見ていると、普段ボランティアでお世話になっている本社の方が様子を見に来ていました。
前にボランティアに行ったときに『30日にまた来ます』とは話したのですが、偶然ホームに来ていただけでしょうね…。
Tlimg_0003途中下泉を過ぎたあたりから、チラチラと雪が舞い始め、千頭に着いたころまでも止まず、 列車の写真に舞う雪が写りこんでいます。
本当にこんなことなんて私自身経験もないし、SLおばさんも驚いていたようです。
もしかして、今回参加したメンバーの中に雪男でもいたのかなぁ…。
自分が雪男である可能性も否定できなかったり(^^;;;
千頭~奥泉まではバス代行になっているのでバスに乗り換えて奥泉へ。
Tlimg_0005 奥泉からは、大井川鐵道の井川線に乗り、奥大井湖上を目指します。
この時点では天気も荒れていなくて、何ともなかったのですが…。
例年何かしらハプニングに巻き込まれるのが我々の旅行。
去年だって、古墳目指して歩いていってテレビの中継所に突き当たったり、観光施設も年に3日しかない定休日だったり…。
Tlimg_0012 このあとアプトいちしろ駅まで行くと、雪がチラチラ舞い始めました。
この画像ではリサイズした時に雪が消えてしまっていますが、本当は粉雪が舞っている状態…。
行きの列車の中で「大井川に雪なんてありえないよ」なんて話していたのにそれを全て打ち消すような天気にビックリしてしまいました。
Tlimg_0023そして目的地の奥大井湖上駅へ。
中部の駅百選に選ばれている駅ですが…。
今日は雪、降りたのは我々だけ。
車中のお客さんは怪訝そうな顔でこっちを見ています(当たり前ですね)。
とりあえず降りたものの接阻峡温泉へのハイキングは断念。
Tlimg_0026 でも、せっかく来たのだからレインボーブリッジを対岸まで渡ってみました。
白くなっているのは霧ではなく細かい雪が舞っているだけです。
橋の中ほどにある吹き流しが真横を向いているのがなんとも…。
結局、奥大井湖上駅へ戻り、風をしのげる場所で列車を待っていました。
接阻峡温泉方面からやってきた列車に乗客はおらず、列車は我々の貸切。
井川線の重要な顧客は川根本町に住む子供たちであること(川根本町のうち旧本川根町は小学校・中学校が千頭駅の近くにしかないはずだから…)を考えると、学校が休みの期間でしかもあまり天候がよくないということもあれば、利用者が少ないのも理解できますが…。
Tlimg_0047車中から撮影した長島ダム。
このダムの建設によって、大井川鐵道にアプト式鉄道が開通したのです。
今月はその前に碓氷峠のアプトの道にも行っているんで、なんかアプト式に縁のある旅をしているような気になっています。
このあと奥泉でバスに乗り換え、寸又峡温泉に一泊。
久しぶりに集まった友人・先輩・後輩と夜遅くまで語ってしまうのでした…。

« 秋葉原駅のポスター | トップページ | 冬のスマタ(その2) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/17537123

この記事へのトラックバック一覧です: 冬のスマタ(その1):

« 秋葉原駅のポスター | トップページ | 冬のスマタ(その2) »