2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年1月15日 | トップページ | 2008年1月22日 »

2008年1月19日 (土)

丹沢の大山へ

今日は天気が良かったので丹沢の大山まで行ってきた。
Ko_01 大山の門前といえば豆腐が有名です。
あちらこちらでこのような豆腐会席料理が楽しめるようです。
豆腐も料理によってはこうなるものだとはちょっと驚きですね。
途中の酒屋さんの店先に、『おおやま地ビール』なるものを見かけたけれど、家にストックしてある地ビールが10本近くあったので買わずに帰ってきたけど…。
帰ってきてから気になってしまうのはなぜだろう。
アスキーの『日本の地ビール』にも載っていない…。
考えられることといえば、中身はどこか別の銘柄の地ビールで、ラベルだけ変えているか、はたまた未知なる地ビールの蔵なのか…。
厚木には地ビールの蔵が3箇所あるので(サンクトガーレン・丹沢のしずく・さがみビール)、ラベルだけ変えている可能性が極めて高く…。
ビールの種類は、ケルシュとアルトの2種類で、しかも酒の仕込み水で作っていると言う…。
これから考えると、中身は厚木の七沢にある「さがみビール」ではないかと想像できるのですが…。
Ko_04そのあとケーブルカーで大山不動(雨降山大山寺)へ向かう。
ここは、関東三十六不動道場の第一番となっている場所です。
山の中の狭い境内に大変立派なお堂があります。
またの名を『鉄(くろがね)不動尊』といい、ご本尊は鉄でできているそうです。
仏像で鉄製と言うのが大変珍しいように思えます。
Ko_05境内で見かけた幟なのですが…。
見ての通り、鉄の字が金偏に矢になっています。
JR関係の施設以外でこの字を使っているのを初めて見ました。
国立駅の北側にJR関連の施設が固まっている一角があるのですが、どれもこれも見事に金偏に矢で統一されていて、ついこっちのほうが正しいのかとまで思えてしまうときも…。








Ko_03 ケーブルカーの中間駅である、不動前駅の乗り場の案内はこうなっていたりします。
ケーブルカーの場合、乗車ホームが交互に変わりますから、こういう案内方法になったのでしょう。
どういう構造で動いているか分かっていると、実に分かりやすい説明がされていることがわかるのですが、普通の人が見たらなぜこうなるのかと疑問に思うこともあるでしょうね。
Ko_02ケーブルカーは車両が2両あって、1両は赤系統の色、もう1両は緑系統の色になっています。
シートのモケットも赤系統の車両はモミジ、緑系の車両は大山コマと鹿の絵柄になっていたりします。

Ko_06 ケーブルカーの終点近くにある、大山阿夫利神社の下社。
行った時間があまり良くなかったのと、装備的にも不安があったので上社までは行かずに下社だけで帰ってきました。
境内はとても見晴らしが良く、江ノ島・三浦半島まで見ることができました、
いつも、新幹線から見ているだけの場所でしたが、こういう形で訪問できたのも何かのご縁かと思っています。




« 2008年1月15日 | トップページ | 2008年1月22日 »