2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 冬のスマタ(その2) | トップページ | 旧モーガン邸 再び全焼…… »

2008年1月 1日 (火)

初詣

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

例年通り元日は初詣に行ってきました。
御朱印・納経印を集め始めて最初の正月と言うことで、昼に成田山新勝寺へ行ってきました。
Blog01 例年多くの参拝者を集めるだけあって、凄い人数ですね。
これは成田山の表参道で、JRで来た人と京成で来た人の列が一本になったところです。
混んでいるのは既に分かっていたけれど、人が渋滞することはなく進む。

Blog02 表参道を歩いていくと…。
今年も毎度おなじみのキリスト教布教団!
周囲でも毎年お参りに来ていると思われる人が、「あ、今年もいるねぇ」なんて話してます。
どうもこちらは移動部隊のようです。
Blog03 続いて表参道を歩き、病院があった場所の前にやってきました。
つい数年前まで病院があった頃は、正月でも救急搬送を受け入れていたため(救急病院だから当たり前だけど…)、この人混みをかき分けるように救急車が病院に急病人を搬送していたのを覚えています。
ここにもいますねぇ…。キリスト教布教団。
ここにいる人たちは常に看板を持って、立っているだけのようです。
人の流れからは離れているので、邪魔にもなっていませんから如何ともしがたいのでしょう。
Blog04 表参道が右に曲がる薬師堂の前まで来ました。
ここにもいます!キリスト教布教団。
布教と言っても勧誘をするわけでもなく、チラシを配るわけでもなく、看板を持って聖書の教えを録音したテープを流すだけだったり、ただ立って看板を持っているだけ。
いったい彼らの目的は何なんだろう…。そして活動資金源は?
『死後裁きにあう』などの看板で知られる聖書配布協力会の資金源はソフトウエア会社で、調べてみると、帳票を出す際に罫線を付加して出力するソフトで名の知れた会社なのだとか…。
こういうシーンを見て、宗教に寛容な日本と言う国で本当に良かったと思います。
日本人は神社に行けば拍手(かしわで)を打ち、お寺に行けば合掌し、教会に行けば十字を切る(と思う…)民族だと思っていますから…。
宗教が原因で戦争になるようなくにもあると言うのに、こういうことができる日本がある意味特殊なのかもしれません。
参拝の記念に御朱印を頂いたのですが、その受付がお札の受付場所と一緒で、様子を見ていると申込用紙をスキャナに取り込んで処理をしています。
昨年から申込用紙がOCR化されたのは知っていましたが、どうも受付処理だけではなく、お札の代金の集計処理と、申込書の記載内容をどこかに伝送しているかのように見えました。
ダメですね、こういうところでも仕事が頭をよぎっちゃうのは…。
Blog05 そして、本堂へ昇りお参りします。
例年午後(と言うか夕方だけど)に来ているけれど、混み方としてはさほど変わらないような…。
タイミングによっては、本堂の前で階段規制をしているようです。
このあと、釈迦堂・大塔と回り、大塔で写経を行い、出世稲荷にお参りして帰ってきました。
帰りがけ薬師堂の前まで行くと、表参道側は人の流れが止まっていました。
本当はお参りついでに川豊の鰻でも食べて行きたかったんだけど、これはまた次回。

それでは本年も日々思うことといいつつも、趣味丸出しに近いブログを続けていく予定ですのでなにとぞよろしく。

« 冬のスマタ(その2) | トップページ | 旧モーガン邸 再び全焼…… »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/17549703

この記事へのトラックバック一覧です: 初詣:

« 冬のスマタ(その2) | トップページ | 旧モーガン邸 再び全焼…… »