2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 痛車のプラモ ついに発売! | トップページ | 黒人の演歌歌手 »

2008年2月 2日 (土)

ニュースに関連するものを調べてて見つけたもの

今、ニュースでは中国産食品の安全性に関する問題で持ちきりになっています。
確かに、安心がウリの生協商品で事件が起きてしまったというのは衝撃的でした。

色々調べていたら朝日新聞でこんな記事を見つけてしまいました。
記事としては2007年8月31日の記事になります。
引用ここから======================================================
社名が仇? 海産珍味の「中国食品工業」が倒産

「うまいか」などの海産珍味を製造していた中国食品工業(岡山市、岡将男社長)が岡山地裁に自己破産を申請し、倒産した。31日、破産手続きの開始決定を受けた。帝国データバンク岡山支店などによると、負債額は約8億7500万円。「中国」という社名が原因で、相次いだ中国産食品への有害物質混入報道の影響を受け、販売量が落ち込んだ。

 同社は48年創業。つくだ煮など海産物加工食品を製造しており、昨年の売上高は約10億円だった。今年に入り、中国との関係の深さを連想させる社名や、中国産のスルメイカを原料として使用していたことなどから、消費者の買い控えが広がったという。
======================================================引用ここまで

偶然とはいえ、とんだとばっちりを受けてしまったようですね。
買い控えだけで破産したともいえないのだろうけど、何らかの引き金を引いたのは間違いないでしょうね。
どこかで見覚えのある社長さんの名前かと思ったら、岡山電気軌道の路面電車『momo』の導入に尽力したRACDA(路面電車と都市の未来を考える会)の会長さんですね。
『momo』が導入された年にカレンダーをRACDAから直接購入したのですが、中国食品工業の封筒に入れられて届き、一瞬食品なんて頼んだかな?と自分でもちょっと変な感じがした記憶があります。
恐らく一回限りで、会社が発送を引き受けた形になっていたのかもしれません。
私自身お会いしたことはないけれど、こういう形で鉄道趣味界でそれなりに名の知れている人の名前を見てしまうとはちょっとショックです。
RACDAのブログを見ていると、RACDAの会長職は続けられているようですが、ちょっとばっかり気になってしまったのでした。

« 痛車のプラモ ついに発売! | トップページ | 黒人の演歌歌手 »

コメント

暴力団の抗争が全国ニュースになっていた頃、東北の建設業者が社名変更を余儀なくされた話を思い出しました。

「山口組」と言ったそうです。

>やまおかさん
社長が山口さんと言うだけなのだろうけど、ちょっとかわいそうな気もします。
建設業ですから、公共事業に参画している可能性があるだけに、社名を変えるのは仕方がない部分もあるかもしれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/17931872

この記事へのトラックバック一覧です: ニュースに関連するものを調べてて見つけたもの:

« 痛車のプラモ ついに発売! | トップページ | 黒人の演歌歌手 »