2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 中国の白酒を入手する | トップページ | ベアレン醸造所から経過報告が来る »

2008年2月11日 (月)

お出かけ

今日は天気が良かったので、国立新美術館の文化庁メディア芸術祭を見にいった。
昨年は10周年記念と言うことで色々と派手にやっていましたが、今回は普通の展示。
それでも充分面白い展示でありました。
昨年はできたばかりの国立新美術館で、『晴れのちハレ』だとか、『ハレ晴レユカイ』などがかかっていたり、涼宮ハルヒになりきってる女性とかを見てしまったり…。

今回は御朱印帖を持って出かけていたので5箇所ほどお参りをしてきました。
01nogiまずは乃木神社。
乃木希典大将を祀っていることもあり、必勝祈願などと言う文字も良く見かけました。
しかも今日は大安吉日、結婚式が行われている様子もありました。
この近くには乃木大将の邸宅も保存されていて、見学できる状態になっていました。
02izumo そして、国立新美術館から六本木駅へ向かう途中で、偶然目の前を通ったのでお参りした出雲大社東京分祀。
こういう場所に出雲大社の分祀があるとはちょっと知らなかったので驚きました。
手水舎が自動水栓だったのにはちょっと驚きましたが…。
後に大きく六本木ヒルズが見える中で、こういう空間があるのもちょっと意外と言えば意外ですが…。
そのあとちょっと六本木ヒルズに立ち寄ったのですが、そこで偶然ボビー・オロゴン氏を見かけましたが、ごく普通な感じでした。
もっと大柄の人かと思ったのですが、私の中でボビー・オロゴン氏と鈴木宗男氏の秘書だったムルアカ氏とごっちゃになっているだけなのかもしれませんが。
03hiyoshi そのあとは日吉に向かい、関東三十六不動霊場の五番札所の日吉不動尊へ向かう。
駅から若干離れているものの、道さえ迷わなければたどり着けるはずです。
駅から行く時は『普通部通り』をまっすぐ進んでいくと、ちょっと不安になった頃に看板が出てきます。
地域のお寺さんと言う感じで、境内には幼稚園が併設されているお寺でした。
たまに道を間違えてとんでもない方向に行ってしまう人もいるんだとか…。
04kdai そしてそのあと川崎大師へ。
ここも関東三十六不動霊場の七番札所となっています。
川崎大師と言うと、参道の飴やさんがリズミカルに飴を切る音と言うのがどうしても印象に残っていますが、様子を見ていると、飴を切るときだけではなく、普段からリズミカルに包丁を鳴らしているようでした。
05wakamiya 川崎大師駅の近くにある若宮八幡宮。
ここは川崎大師駅の本当に近くにあって、境内に幼稚園のあるような地域の氏神様ではないかと思えるような神社です。
奉納された酒樽がズラッと並んでいるのがある意味壮観です。

06kanayama1実はこの神社、境内に金山神社と言うのがありまして…。
その幟がコレ。
一番上に描かれているものは…。





07kanayama2ご神体をかたどったものがこれ!
ものがものなのでモザイク加工しようかとも思ったのですが、ご神体ですからモザイクはかけません。
元々は金属加工の会社の人たちの信仰が厚いらしく、金床なども奉納されています。
4月にはご神体をかたどった神輿が町を練り歩く『かなまら祭り』というお祭りがあるそうです。
しかも、ピンク色のご神体をニューハーフが担いでエイズ除けを祈願するエリザベス神輿なんていうものまであるのだとか。
これを見るために在日米軍がバスを仕立ててやってくるのだとか…。
米軍関係者の本には、『日本駐在を命ぜられたら、愛知の田縣神社と川崎の金山神社のお祭りは必ず見にいこう』とまで書かれているらしい。
日本人でさえビックリする祭りですから、外国の人たちから見たら衝撃的なものなのかもしれません。

« 中国の白酒を入手する | トップページ | ベアレン醸造所から経過報告が来る »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/40091230

この記事へのトラックバック一覧です: お出かけ:

« 中国の白酒を入手する | トップページ | ベアレン醸造所から経過報告が来る »