2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年3月30日 | トップページ | 2008年4月1日 »

2008年3月31日 (月)

新聞の文字が大きくなる

今日から、全国紙の読売新聞・朝日新聞の文字が大きくなった。
地方紙ではあちこち既に大きくなっているようだが、全国紙となるとどうやら読売・朝日が先行する形になるようだ。
新聞をぱっと見た感じでは、記事の文字が大きくなっただけでさほど違和感を感じない。
広告のエリアが小さくなったわけでもなく(小さくなったら一大事だ)、文字が大きくなったぶんだけ記事に使える文字数が減るわけだから、いったいどうなるのかと思っていると、読売新聞の編集手帳に答えがあった。

その答えとは…
『記者の文章力でどうにかする』
と取れるようなものでした。
前に読売新聞の解説委員が、「編集手帳は読売新聞の中でも一番文章を上手に書く人が書くもの」なんて言っていましたから、これは新聞社の方針と捉えて良いのだと思う。
確かに、記事の境目の◆マークが綺麗に揃っていることもあるし…。
文字を大きくしたことで紙を大きくするなんていうのは事実上不可能だし(本当に紙のサイズを大きくしたら大騒ぎになるだろう…)、ページを増やすのもなかなか難しいことだろう。
そうするとやはり、記者の文章力で何とかするという結論しか出ないような気がする。
それが一番安上がりだと思えるし…。

« 2008年3月30日 | トップページ | 2008年4月1日 »