2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 松山から尾道・鞆の浦へ | トップページ | クイズの答え… »

2008年3月22日 (土)

尾道市内をぶらぶらと

旅も最終日となり、今日は尾道をぶらぶらしつつ夜の飛行機で東京へ戻る。
まず、岩子島の海水浴場へ行くべくレンタサイクルを確保。
22_01 レンタサイクルで尾道市街地の対岸の向島に渡ります。
普通尾道駅周辺から対岸へ渡るのには、駅前の駅前渡船を使う人が多いようですが(特に観光客には多いみたい)、あえて駅からちょっと離れた福本渡船へ。
こちらのほうが運賃が安いし、何より『神様御用達』(かみちゅ!ファンならわかるだろうけど)ってところもあったりします。
22_02向島島内を西へ西へと進み向島大橋へ。
この場所、海面から14メートルと言う高さにあり、自転車ではちょっときついところ。
しかも自転車の内部変速の操作を誤ってしまい、途中から歩いてしまった…。
22_04 島内のトンネルも入口に近い部分はコンクリートになっているけれど、その先は素掘りのところにコンクリートを吹き付けただけのような感じになっていてビックリ。
怪しさではなんともいえません。
そうしてたどり着いた岩子島の海水浴場。
22_03 深夜アニメ『かみちゅ!』で海水浴を楽しむ場所として出てきたり、先ごろ放送されたソフトバンクモバイルのCMで、旅する父が「どこほっつき歩いてるのよ!」と怒られてしまう場所…。
『かみちゅ!』の世界では奥の建物は廃墟みたいに扱われていたけれど、現在でもちゃんと使われている建物のようだった。
そのあと、DVDオリジナルストーリーで猫たちの楽園『キャットワールト』として出てくる場所に行ってみる。
22_0622_05アニメの世界では廃墟のように描かれていたけれど、実際には盛業中の造船所でした。
この会社の関係者が、『かみちゅ!』のDVDのオリジナルストーリーを見たらどう思うんでしょうか…。
かなり複雑な気持ちになってくるでしょうね。
そのあと対岸に渡り、艮神社にお参りをし、尾道ガウディハウスに向かう。
22_08 かみちゅ!ファンには尾道ガウディハウスと言うよりも『のれんまたぎ』と言ったほうが分かりやすいかもしれないが、この場所を中心にして、尾道空き家再生プロジェクトと言うのが立ち上がり、近々NPO認証されるそうです。
そのことや自分が見てきたことをもとに、空き家再生プロジェクトの代表と情報交換を行う。
そのあと街中を撮影しつつぶらぶらと歩く。
22_07_2 その中で撮影したものがこれ。
普通に尾道水道を行く渡船を撮ったものですが…。
これを見てなんとも思わないのはごく普通の人です。
これを見て驚いた人はかなりの尾道通かも知れません。
答えはあえて書かないけど、気付いたらコメントでもください。
そのあと浄土寺だの御袖天満宮などを訪問してきました。
御袖天満宮にお参りをし、境内の絵馬を見るとアニメファンの絵馬は比率的に下がってきていて、ごく普通の天神様に戻りつつあるみたい。
ちょうど手持ちの御朱印帖が新しいものになることもあって、御朱印を頂く。
宮司さんの奥様に、『前にもお見えになりましたよね?』と言われてしまう(^^;;;
完全に覚えられてる…。
話をしていたら、「埼玉のほうで凄いことになっている神社があるみたいですね」なんていう話にもなってきたのにはこっちがビックリ。
鷲宮神社の話って、神社に関わる人たちの間でも有名になっちゃってるんですねぇ…。
果たして鷲宮神社が普通の神社に戻る日は果たしてやってくるのか????

« 松山から尾道・鞆の浦へ | トップページ | クイズの答え… »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/40615381

この記事へのトラックバック一覧です: 尾道市内をぶらぶらと:

» 「らき☆すた」で地域活性化! [閑甚日記in彩の国]
 幸手市は良いキャラクターを持っていて、羨ましい!! 幸手市HP 石井酒造㈱ 「らき☆すた」オフィシャルサイト※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』     【らき☆すた (マンガ)】     【らき☆すた (アニメ)】      【鷲宮神社】 ≪意... [続きを読む]

« 松山から尾道・鞆の浦へ | トップページ | クイズの答え… »