2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年4月21日 | トップページ | 2008年4月23日 »

2008年4月22日 (火)

メイドカフェが流行る理由…

たまたま雑誌を読んでいたら、タイトルの通りの記事が乗っていた。
家族社会学・感情社会学が専門の教授のようだ。

自分の教え子がメイドカフェに通う理由なんていうのが書いてあって、コーヒーは家のインスタントのほうが美味しいけれど、「お帰りなさいませ、ご主人様」と言われるのが気持ちいいのだという。
さらに記事を読んでいくと、その教え子が最近『妹カフェ』にはまりだしたのだという。
なんでもその妹カフェ、お店に入ると「お帰り、お兄ちゃん」と言われるのだそうな。
メイドカフェが「ご主人様」、執事カフェが「お嬢様」と言うのだから、妹カフェが「お兄ちゃん」って言うのはごく自然か…。
しかもその教え子、家に帰ればホンモノの妹がいるにもかかわらず、妹カフェに行っているのだという。「妹は俺にコーヒーなんて入れてくれませんから」とサラッと言ってしまうあたりがちょっとした寂しさを感じてしまうのは気のせいか…。
どうもその教え子は、自分のことを気にかけて大事にしてくれるという幻想に浸れる環境にお金を出しているなんていうことまで書いてあります。

確かに私自身、メイド喫茶には数回行ったことがありますが、思ったよりも普通の喫茶店だったような気がします。
値段だって、そこそこ普通の喫茶店と変わらないような感じだったし…。
強いて違うところを挙げれば、挨拶が違うくらいでしょうか。
あと、店員のアニメ好きの比率はかなり高いとは思うけどねぇ…。
で、この記事が載っている週刊誌が、『週刊 東洋経済』だったりするのがなんとも面白い。
この記事の次のページには『マジギレ福田首相 難局打開の妙案なし』なんていう硬派な記事が載っていたりするので、上に挙げた大学教授の記事がちょっと浮いてるような感じになっています。

« 2008年4月21日 | トップページ | 2008年4月23日 »