2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年5月2日 | トップページ | 2008年5月4日 »

2008年5月 3日 (土)

Old-timerと言う雑誌

年代モノの車の愛好者向け(だと個人的に思っている)の雑誌にOld-timerという雑誌がある。
たまたま立ち読みようと手に取ったのだけれども、『国産レア車アルバム』と、かなり凄いコレクターのことが載っていたのでつい買ってしまった。
コレクターの一人は、徳島の人で古いダットサンを集めて居るという人。
持っている車を見ていると、コレクターと言うよりは私設博物館に近いレベル。
しかも1935年製と言う貴重なダットサンを自走可能な状態を維持してるという。
もう一人は、広島のエクシードタクシーと言うタクシー・観光バス会社の社長さん。
マツダ(この場合、東洋工業と言ったほうがいいかもしれないが)の車の一大コレクションを持っているそうです。
その中でも、デザインが特徴的なマイクロバス、マツダライトバスを2台所有していて、それも川崎航空機工業(巡り巡って今のジェイ・バスになる)製の車と、西日本車体工業製の車を持っているという。
いずれは公開予定だとか…。
そしてもう一つは、福山の自動車時計博物館。
数年前に行ったのですが、なかなか凄くて見ごたえのある博物館だったのは覚えています。
車もスポーツカー等の印象に残りやすい車よりも、普段使っているような車が色々とあったりして、しかも自走可能なボンネットバスを数台持っていたりと、なかなか凄い博物館だったりします。
ここで有名なのは、古いバスを再生して農家の物置だったようなものまで車検を通るレベルまで整備することで、今も数台のレストアをやっているんだとか。
また機会があれば行こうかと考えています。
そして、別冊『”よく知らないクルマ”総ざらい! 国産レア車アルバム1955~1975』と言うのがまた凄い。
一応メーカーごとに目次はついているのだが、その中でも分からないメーカーがあったりするのが凄いところだったり…。
ざっと見た感じでは、やはりレア度が高いものはバンが多いような気がします。
例えば日産の510系のブルーバードのバンとか、トヨタだとパブリカ800のバンとかですね。
写真として載っているものには、いすゞベレットのLPG車なんていういかにもタクシー用の車とか…。
ホンダのスポーツカー、スポーツ360はホンダの技術者は全部潰したと言っているけれど、未だに誰かが隠しているという噂が絶えないとか。
蒸気機関車でも似たようなことがあって、国鉄で最後に検査を受け、機関区の火事で機関庫ごと火事で燃えてしまった機関車の前面が大阪南港の倉庫から出てきて、京都の嵯峨野観光鉄道の沿線に保存されているなんていう事例もありますし。
当時は、完全に焼け落ちてしまったので処分したと信じられていたらしいのですが…。

メジャーなメーカーでさえ怪しげな車がいくつも出てくるのですから、今となっては自動車生産から撤退してるか、会社ごとなくなっちゃったような怪しいものまで…。
私自身、古いものが好きなせいか、普通に道を歩いていてもホンダN360とかケンメリ・ハコスカに遭遇する率が他の人よりも高いような気がしてなりません…。

« 2008年5月2日 | トップページ | 2008年5月4日 »