2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年6月15日 | トップページ | 2008年6月18日 »

2008年6月16日 (月)

鉄道友の会 ブルーリボン賞・ローレル賞が決まる

鉄道愛好家団体、鉄道友の会は今年のブルーリボン賞・ローレル賞の受賞車両を発表しました。
今年のブルーリボン賞は、JR東海・JR西日本のN700系。
今年のローレル賞は、JR東日本E721系・仙台空港鉄道SAT721系・JR東日本キハE200形となっています。
やはりN700系はデビュー時のインパクトも強く、印象に残りやすかったと言うのがあるのでしょうか。
JR東日本E721系と仙台空港鉄道SAT721系は仙台空港へのアクセス鉄道を中心に使われる車両ですね。
未だにチラッとしか見たことがないんで、車両の評価はちょっとできません。
キハE200形は世界初のハイブリッドディーゼルカーとして営業運転したことに評価が集まったようにも思えます。

個人的にはJR東日本のデラックス車E655系がもっと頑張るかと思ったのですが、思ったよりも票が伸びず賞にすら引っかからなかったのが意外でした。

鉄道友の会のホームページには、新幹線の父であり鉄道友の会の初代会長である島秀雄氏の功績をたたえ、『島秀雄記念優秀著作賞』という賞をつくり、今年の秋頃をめどに選定する予定なのだとか…。
いったいどんな本が選ばれるのかがちょっと気になります。
既にエントリーは締め切られ、審査が始まっているようですが、どんな本がノミネートされているのかがちょっと気になったり…。

« 2008年6月15日 | トップページ | 2008年6月18日 »