2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年8月8日 | トップページ | 2008年8月10日 »

2008年8月 9日 (土)

津軽鉄道の真夏のストーブ列車

8月2日から7日まで東北方面に行っていました。
たまたまブログで使えるネタがたまっていたんで、前もって記事を書いてそのあたりはしのいでいたんだけど、ネタになるものがあったので今回触れようと思う。

8月5日に津軽鉄道の『真夏のストーブ列車』というものに乗ってきた。
Ko_img_0457



ちょっと画像の左側が切れてしまったが、津軽中里駅に停車中の編成。
定期列車にストーブ列車を連結して走っているため、定期列車を利用する人のためにディーゼルカーを繋いでいたりする。
暑さに我慢できなかったらディーゼルカーに移ってもいいことになっていたようだ。
Ko_img_0451



同じ編成を後から。
客車はオハ46とオハフ33でした。
車内では観光案内や、お囃子が演奏されたりと一種のお祭り騒ぎのようになっていた。
ストーブに石炭をくべたりするのは地元の中学生がやっていたり、地元の街づくりNPOをうまく巻き込んで地域全体で夏の風物詩としていこうとしている印象を受けたし、津軽鉄道も社長自ら参加したりと、かなり力を入れているようだ。
冬のストーブ列車となると、雪や風の影響で東京方面から津軽鉄道にたどり着くまでの交通手段が運休になってしまうこともあって、それで訪問を断念する人もそれなりにいるようです。
私自身、春分の日の連休を利用して津軽鉄道に行こうとしたら、八戸から先の東北本線が運休になってしまって、訪問を断念した過去があるだけに、天候が安定している夏にこういう企画があることを知って、あえて行ってみようと思ったわけで…。
かといって、ガマン大会ではないわけですから、ストーブを焚いていても窓は全開。
外の風も気持ちよく、さほど暑さを感じずには済みました。
暑さで言ったら真夏の大井川鐵道のほうが暑いような気がしたり…。
Ko_img_0423a



車内のダルマストーブでスルメイカを焼いて、配っていました。
このスルメイカの分もイベント料金に入っていました。
Ko_img_0491







そのストーブの横にあった貼り紙。
『油物・汁物・なまものは焼かないでください』なんていう注意書きが出ています。
『ストーブ列車』で検索すると、車内で焼き肉をやっていた人たちに遭遇したなんていう衝撃的なものが出てきて、驚きを飛び越えて呆れてしまいます。

Ko_img_0429a



車内から見えて目立つお城。
このお城、小田川城といい、秀吉様のお城だそうです。
秀吉と言っても、豊臣秀吉ではなく、選挙のたびに立候補して何度も落ちているあの羽柴誠三秀吉のお城だそうで…。
小田川温泉という温泉旅館になっているそうなので、一人で泊まれるならば、一度話の種に泊まってみるのも面白いかと思っています。

沿線も太宰治の斜陽館とか色々見るところがあったし、津軽鉄道沿線も丹念に色々と見てみたい気がするので、また改めて訪問することになるだろうとは思っているけれど、いつになることやら…。

« 2008年8月8日 | トップページ | 2008年8月10日 »