2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 痛車 やっぱり売れてるみたい | トップページ | ニコニコ動画で自衛隊音楽隊を楽しむ »

2008年8月28日 (木)

アニメで地域振興策を探る…

中国新聞の報道によると、アニメキャラクターや地元ゆかりの人物などのコンテンツ(情報の内容)を生かした地域振興策を考えるシンポジウムと言うのが広島市内であったそうだ。
ちょうど広島では、広島アニメーションビエンナーレが終わったばかり。
このシンポジウムもその協賛事業の一環だったようです。
他にも、尾道市内での『かみちゅ!』の展覧会があって、来福神社のモデルになった御袖天満宮の境内で『かみちゅ!』の上映会なんかもあったようです。
本当は行きたかったんだけど、どうしても都合がつかず行けませんでした…。

話を本題のシンポジウムに戻そう。
シンポジウムの公式サイトによれば、 「成功事例から学ぶ、コンテンツ創出と活用」というタイトルでパネルディスカッションが行われたようです。
その顔ぶれと言うのが、コーディネーターを慶應義塾大学の教授が勤めています。
パネリストの顔ぶれと言うのが…
・戦国魂プロジェクトプロデューサー
・株式会社インスパイア代表取締役社長
・社団法人彦根観光協会専務理事
・鷲宮町商工会経営指導員
・境港市観光協会会長・水木しげる記念館館長
というもの。

戦国魂プロジェクトの公式サイトをみてみると、左下には『太秦戦国まつり』のロゴ…。
どうやら、からす天狗『うじゅ』の仕掛け人のようです。

株式会社インスパイアは色々調べたけどちょっと分かりませんでした。
ひょっとすると『伊賀忍者の里』の仕掛け人なのかも…。

彦根の観光協会といえば、ゆるキャラで大人気の『ひこにゃん』でしょう。
なんでも近々ゆるキャラが一堂に会したイベントが開かれるんだとか…。

鷲宮町商工会は、あえて説明する必要はないでしょう。
ここ一年くらいの間に散発的に当ブログでもネタにしてきましたし、深夜アニメのおかげで町興しに成功した非常に稀有なケースではないかと思っています。

境港市は、かの有名な水木しげる氏の出身地で、先日テレビでやっていたけれど婦人警察官が猫むすめの格好をして巡回しているんだとか…。

確かにアニメがきっかけで新しいことができてくるのは喜ばしいことですし、それで町が活性化されるならこれもありかなと思います。
あとは、変に煽られたオタクに対する偏見がなくなることを願うばかり…。

« 痛車 やっぱり売れてるみたい | トップページ | ニコニコ動画で自衛隊音楽隊を楽しむ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/42305196

この記事へのトラックバック一覧です: アニメで地域振興策を探る…:

« 痛車 やっぱり売れてるみたい | トップページ | ニコニコ動画で自衛隊音楽隊を楽しむ »