2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年10月4日 | トップページ | 2008年10月6日 »

2008年10月 5日 (日)

ワンダーJAPAN 第9号

ラジオライフでおなじみの三才ブックスから『ワンダーJAPAN 第9号』 が出たので買ってきた。
今回は四国の特集。
特集は四国だけれど、最初に出てくる『身近なワンダースポット』と言うコーナーには、新宿駅西口の前に近日オープンする『モード学園コクーンタワー』が出ています。

話題を本編に戻し、今回圧倒されたのは高知にある沢田マンション。
70世帯が入るというマンションは、大家さん自らの手作りによるもので、建築の世界では大変良く知られている存在なのだとか…。
Wikipediaで『沢田マンション』で検索するとなかなかすごい内容が出てきて、正直言って手作りのスケールを超えているようにしか思えない部分も…。
産業遺産に興味がある自分としては、愛媛県の『S阪島(調べれば四阪島とすぐ分かっちゃうんだけどね)』の島内の様子がなかなか興味深く、産業遺産好きにはたまらないものになっています。
『別子銅山の精錬所のあったS阪島』なんて書いてしまったら、すぐに分かってしまうのに、かなりギリギリの判断ではなかったかと思える部分もあります。
『瀬戸内海の離島で金属精錬が行われた島』と書いて、しかも別子銅山に触れなかったらもうちょっと秘匿性も上がったかもしれないが…。
でも、瀬戸内海の離島で金属精錬をやったのは四阪島と直島の他にあったのかな???

四国特集以外にも、宗教系の風習にも強い特集があって山形県の上山市に伝わる『ムサカリ絵馬』と言うのが出ています。
この絵馬、若い未婚の人が亡くなると、あの世で幸せになって欲しいという願いをこめて、亡くなった人の結婚式の様子とか家族が仲良く過ごしている様子が描かれているもの。
これを見て思い出してしまったのは、靖国神社に奉納されている花嫁人形のことで、こちらも戦争で息子を亡くした母親が奉納したものなのだとか…。
ひょっとしたら、靖国神社に奉納された花嫁人形のルーツはムサカリ絵馬なのかとちょっと考えさせられるものでした。

« 2008年10月4日 | トップページ | 2008年10月6日 »