2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年10月7日 | トップページ | 2008年10月9日 »

2008年10月 8日 (水)

日本鉄道保存協会の総会がどのように報道されたか

10月2日付当ブログならびに、10月3日付当ブログでも取り上げた、日本鉄道保存協会の総会。
実は新聞等でも報道されていました。
総会に参加している際に気付いたのは、東京新聞・上毛新聞・群馬テレビの取材クルーの姿でした。
群馬テレビは10月2日の夜のニュースで取り上げられていて、旅館の部屋で見ていて、『普通に取り上げられていたね』だの『背中しか写ってなかった』とか言っていました(笑)。

新聞報道についてですが、上毛新聞は確認できなかったのですが、東京新聞についてはインターネット版で確認しました。
近々消えてしまいそうなので全文を引用。
<引用ここから>
歴史的鉄道施設や車両 保存・活用へ情報交換

 全国の歴史的鉄道構造物や鉄道車両の動態・静態保存をしている団体などによる「日本鉄道保存協会総会」が二日、安中市の磯部温泉で開かれ、鉄道設備などの保存・活用へ向け、情報交換などを行った。

 同市に碓氷峠鉄道文化むらがあることから本年度の開催地となった。総会には、同協会の会員・賛助会員になっている鉄道会社や鉄道博物館、鉄道テーマパークなど三十九団体の関係者ら計約六十人が参加。国土交通省鉄道局地域鉄道対策室の上住まり室長や英国保存鉄道協会のD・モーガン会長が講演した。

 碓氷峠鉄道文化むらの白石敏行理事長も、JR信越線横川-軽井沢駅間廃止後の経過や現状、地域づくりへの貢献などについて報告した。鉄道施設の保存と地域の活性化などについての討論も行われた。三日は、同文化むらや碓氷峠鉄道施設の見学会が開かれる。
<引用ここまで>
総会の様子を取材していたので、こういう形の紹介になるのでしょう。
ちなみ私は、この記事の上では『三十九団体の関係者』という扱い。

これが関東以外になると、こうやって取材に来るテレビ局がNHKに変わったりするのですが…。
昔に比べると、産業遺産・近代化遺産が見直されてきているように思え、やっと時代が私たちに追いついてきたような気がしています。
これからも、今までの活動を続けていけるように知識の習得に努めていこうと考えています。

« 2008年10月7日 | トップページ | 2008年10月9日 »