2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ワンダーJAPAN 第9号 | トップページ | 大垣夜行、最後の秋? »

2008年10月 6日 (月)

宇都宮駅前の餃子像 割れる…

読売新聞の報道によると、JR宇都宮駅東口にある餃子の像を移設するために作業をしていたところ、バランスを崩して真っ二つに割れてしまったという。

ちょっと欠けた程度であれば、何とかなるかと思ったけれど完全に真っ二つに割れてしまい、修理はほぼ不可能ではないかと思える状態…。
この移設作業のために保険をかけていたとは到底思えず、このまま工事業者が現物賠償(つまり業者のお金で作り直すってことね)というかたちに落ち着きそうな気がしないでもない…。
そうするとまた大谷石で作ることになるのかなぁ…。

« ワンダーJAPAN 第9号 | トップページ | 大垣夜行、最後の秋? »

コメント

アスワン=ハイダムでしたっけ?その建設で水没の危機にあったスフィンクス像を細かいブロック状に切り分け移転させ再び接着剤でくっつけた事例がありますので或いは修復する手段も無くは無いと思いますが…
1日も早い復旧を祈ります。

>青列車さん
アスワンハイダムの建設で水没することになり、細かく切って移転したのは、アブシンベル神殿のラムセスII世の4体の巨像です。
ただ、観光的希少性はあっても学術的希少性は無いものなので、破損品の修復よりは新規作成のほうが容易だと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/42709803

この記事へのトラックバック一覧です: 宇都宮駅前の餃子像 割れる…:

« ワンダーJAPAN 第9号 | トップページ | 大垣夜行、最後の秋? »