2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 架空請求のメールが来た… | トップページ | 神社を賑はす『オタク絵馬』 »

2008年11月30日 (日)

日南線にトロッコ列車がデビューするようです

最近鉄道ネタとなるとかなり好調な朝日新聞から、またネタを拾う。

JR九州が高千穂鉄道からトロッコ車輌を購入するようです。
JR九州からのプレスリリースもしっかり出ていますので、きちんと記事の裏づけは取れています。
実際の記事へはこちらから
念のため記事は全文引用します。
<引用ここから>
JR九州(福岡市)は12月末で全線廃止される宮崎県の高千穂鉄道を走るトロッコ列車2両を年内にも購入する。改装したうえで、来秋にも日南線(南宮崎―志布志)の宮崎県内の路線などを観光列車として走らせる考えだ。
 トロッコ列車の車両は03年に導入。整備すれば使えることから、JRに有償での譲渡を持ちかけていた。日南線などで運行するには改装費がかかるため、譲渡額は両社で話し合って決める。
 ほかの車両のうち2両は解体されるが、高千穂町と宮崎県日之影町にそれぞれ2両、阿佐海岸鉄道(徳島県)に1両を無償譲渡。保守点検車両1両は南阿蘇鉄道(熊本県高森町)に有償譲渡される。
 高千穂鉄道は第三セクターが89年に旧国鉄高千穂線を引き継ぎ、延岡―高千穂の50キロで観光用トロッコ列車などを運行してきたが、05年の台風で大きな被害が出て運休。復旧のめどが立たず、廃線を決めた。
<引用ここまで>

前から高千穂鉄道のトロッコ車がJR九州に移籍すると言う話はありましたが、まさか日南線に投入される方向で動くとは思ってもいませんでした。
てっきり、久大本線を走ると『トロQ列車』を置き換えるために買うものかとばかり思っていました。
阿佐海岸鉄道に譲渡されるのは、2両しかないうちの1両が車止めに衝突して使用不能状態になってしまったことの影響ではないかと思えます。

高千穂鉄道自体、大雨で鉄橋が流され、橋脚が折れてしまったことで路線の命運が絶たれたことでも知られています。
その中でも、地元では槇峰~高千穂間だけでも、観光鉄道としての存続をめざし、『  高千穂あまてらす鉄道 』と言う会社が設立されています。
高千穂あまてらす鉄道のホームページをみると、当面は遊具としての鉄道運行を目指すと書いてありますから、恐らくは岡山の片上鉄道保存会や、碓氷峠交流文化財団のシェルパくんのような扱いで走ることを目指しているのだと思います。
実はもう一つの鉄道を復活させる動きがあって、ネット上で話題になっていたのを覚えています。
延岡周辺の部分の鉄道事業をやりたいと言っていた会社がありました。
色々と提案書とかを出したようですが、結局相手にされなかったようです。
やりたいと言った会社は、あの『トラベルプランニングオフィス』なのは言うまでもなく…。
高千穂鉄道継承に関する提案書は持ち合わせていないけれど、たまたま鹿島鉄道の承継に関する提案書は手元にあって、PDF化したものまで持っています。
恐らく同じ人が書いた提案書だから、内容については推して知るべしといったところなのかなぁ…。

« 架空請求のメールが来た… | トップページ | 神社を賑はす『オタク絵馬』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/43278351

この記事へのトラックバック一覧です: 日南線にトロッコ列車がデビューするようです:

« 架空請求のメールが来た… | トップページ | 神社を賑はす『オタク絵馬』 »