2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ニコニコ動画… | トップページ | 鞆の浦はいったいどうなるのか… パート2 »

2008年11月 5日 (水)

鞆の浦はいったいどうなるのか…

中国新聞の地域ニュースによると、鞆架橋問題でまた福山市長が架橋中止勧告についての反論を述べたという。
念のため記事を全文引用。
<引用ここから>
架橋中止勧告に福山市長反論      '08/11/5

 福山市鞆町の鞆港埋め立て・架橋計画の中止を求める2度目の勧告を国際記念物遺跡会議(イコモス)が総会で採択したことに絡んで、羽田皓市長は4日、「鞆の世界遺産登録の議論は架橋反対の錦の御旗」との見解を示した。

 定例会見で羽田市長は、イコモスの勧告を「鞆の価値が高く評価されたことはある意味、ありがたく思っている」と一定に評価。一方、イコモス国内委員会が、世界遺産級の価値があるとして、鞆の登録の可能性を示唆したことについて、(1)イコモスから、登録基準をどう満たしていくかの具体的な説明がない(2)不可欠な地元住民の盛り上がりに疑問がある―と指摘した。

 その上で、世界遺産登録をめぐる議論について「架橋反対の錦の御旗として、部外者や地元の少数の人によってつくられたと感じざるを得ない」と述べ、「大多数の住民の思いは、生活の改善に寄与する埋め立て・架橋の早期実現だ」と強調した。
<引用ここまで>

世界的な機関で2度も中止勧告を受けても橋を架けたいのかと思えてしまう内容であるのは言うまでもないでしょう。
もうここまで来たら、海洋工事に強い業者から献金をいただきました!と正直に行ってしまえば良いのにと思えてしまう部分が見えてきてしまうような気がします。
個人的には、鞆地区が世界遺産に登録されるための基準を満たすためにするべきことは以下であると考えています。
世界遺産として登録されるためには、既に国の保護政策の下になければならないはずですから、港の街並みを世界遺産にするには以下の方法しかないでしょう。
1.鞆港全域を史跡に指定する
2.鞆の街並み全体を重要伝統的建造物群保存地区に指定する

鞆地区には既に重要文化財に指定されている太田家住宅もありますし、この上の2つが満たされれば、世界遺産の登録基準を満たすものと考えられますが、これを福山市長が受け入れるとは到底思えません。

というのも、これを受け入れると言うことは『鞆架橋は諦めなさい』とほぼ同義語になるわけですから…。
そうなると、市長の公約に賛成する人たちからは公約違反だと追及されてしまうでしょう。

個人的に引っかかるのは、架橋の前提となる埋め立て認可が未だに下りていないことでしょうか…。
ひょっとしたら国土交通省内で激論が交わされていて、未だに結論を出せずにいるのかもしれません。
今、ちょうど鞆地区は映画のおかげで相当知名度が上がっていると言うことを考えると、なかなか結論を出せないというのもなんとなく分かりますが…。

« ニコニコ動画… | トップページ | 鞆の浦はいったいどうなるのか… パート2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/43024387

この記事へのトラックバック一覧です: 鞆の浦はいったいどうなるのか…:

« ニコニコ動画… | トップページ | 鞆の浦はいったいどうなるのか… パート2 »