2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 南関東一周ぶらり旅 | トップページ | ココログニュースに載っちゃいました! »

2008年12月31日 (水)

この一年を振り返って

今日は大晦日、今一度今年一年どんなことを書いてきたのか振り返ってみようと思う。
自分の中で、重みをおいてきたのは以下のことだと考えて書いています。
・公共交通(主に鉄道やバス)にかかわること
・文化財や町並みの保存にかかわること
・聖地巡礼
・上3つに付随するお出かけレポート
・トラベルプランニングオフィス
などなど…

公共交通関連だと、今年公募によって鉄道会社の社長さんが選任され、その後またそれに続く会社が出てきたのはすごく新しい動きだと思います。
実際に選任されたご本人にコメントをいただきものすごく驚いたり…。

町並みや文化財のことで、意識して情報収集し記事にしてきたのは鞆の浦の問題ですね。
実際に現地に行ったら、ひょんなことから埋立裁判の原告団長と話ができたり、いろいろと印象に残っています。
結局埋立申請は出されたものの、結局審査の結果は出ずに結論は来年持ち越しという形になってしまったようです。
新聞等の報道で情報を収集していると、どうも橋を架けたいのは市長をはじめとする市や市会議員、そこに献金している会社の関係者たちしかいないような雰囲気が…。
過去に総理大臣を出したような場所で、総理大臣経験者が予算を引っ張ってこれなかったあたりから、なんか怪しいとは思っていたんだけどねぇ…。
あと、アクセスログを解析していて意外な反響がヒットしたのが2月にネタにした湯河原でのリゾートトラストの開発問題。
結局貴重な文化財をつぶして鉄筋コンクリートのリゾートホテルを建てるそうです。
その記事に対して、検索エンジンで検索して何度もリゾートトラスト社内のIPアドレスから参照しているという笑っちゃう事実が…。
言っては何だけど、私が記事にしたことと株価の動きには因果関係はないはずだから、批判的な記事に圧力をかけようとしても無駄。
法的には合法だけど社会的道義責任を問われると何もいえなくなっちゃいます。
さすがに自分のブログでネタにしたときに株価が下がったときはちょっと焦りましたが(笑)。
その後株価が上がってちょっとホッとしたのもつかの間、不動産関係の不況の影響を食らって、結局自分がブログで触れた時よりも安い株価になっているようです。

聖地巡礼ですが、かなりあちこち行ったなぁ…。
鞆の浦に行くのと同時に、『かみちゅ!』の舞台の尾道(確かかれこれ6回目だったかと)にも行きましたし、『崖の上のポニョ』が始まる前の鞆の浦にも行きましたし、『ひぐらしのく頃に』の雛見沢のモデルになった白川郷にも行きましたし、『らき☆すた』の聖地には4回も行ってしまいました。
『らき☆すた』の聖地、鷲宮・幸手・春日部は徐々に落ち着きつつあるけれど、春日部はまだ『クレヨンしんちゃん』よりも上に行くレベルには行っておらず、幸手はまあまあ『らき☆すた』効果があったという感じのレベル、鷲宮はまだまだなんかありそうな雰囲気を感じています。
尾道と白川郷はもともと観光地だし、尾道の観光の目玉はもともと聖地巡礼みたいなものだし、こちらにはアニメのいい影響はごく一部(具体的に書けば神社の絵馬掛け所だろうけど)に限られている雰囲気がしています。

お出かけレポート的な記事が多くなったのは、ただ新聞等の報道だけでブログで発信するだけではなく、実際に現地に赴き、そこで見たもの感じたものを書いていきたいという気持ちがあるのも事実です。
というのも、昨年の産経新聞みたいに、変なブログに釣られて変な記事を書いた挙句、それとまったく逆の効果を地元にもたらしたなんていう事実もありますし…。

そして、このブログでも大人気コンテンツとなりつつある、『トラベルプランニングオフィス』。
去年の今頃は夜行ツアーバス、『ナイトバード』で盛り上がっていたはずなんだけど、そのあとで集合場所にバスが来ないというとんでもない事態で幕引きになるとは…。
でもこれが序章に過ぎず、固定電話の強制解約、そして全国旅行業協会・東京都が現地訪問(空振りだったらしい)というかなり大変な事態になってきている雰囲気が…。
果たして来年の旅行業の登録更新がなされるのか微妙なところではないかと…。
自分自身としては、彼らがいい加減なことばかりずっと繰り返していることを問題にしているだけですから、きちんとした商売をしてくれればいいだけなんだけどねぇ…。
今となっては無理な話かもしれませんが…。

最後に、来年も今のようなスタンスでブログを書き続けることは間違いないでしょう。
今年一年間愛読いただきありがとうございました。
来年もなにとぞよろしくお願いいたします。

« 南関東一周ぶらり旅 | トップページ | ココログニュースに載っちゃいました! »

コメント

初めまして。ココログニュースをみて来ました。

私は福山の人間なのですが、鞆に住んでいる知人たちの意見をきくと、地域住民は圧倒的に橋を架けることを支持しているようです。

ちなみに福山市のオフィシャルな調査でも8:2ぐらいです。鞆の浦に住んでいない方の意見となると橋反対が多いようですが、それって身勝手な意見だなと思います。

あと、マスコミはこの手の問題に対しては逆に偏向報道をするものです。それにかりに8:2でも、双方の言い分を聞くと称して5:5にしてしまうのも定番ですしね。だからそれをもって、「新聞等の報道で情報を収集していると~しかいないような雰囲気が…。」と安直にとらえられるのはまさに思うつぼですね。

この問題はそんな安易な利権問題ではありません。もともとは生活上の問題から発生しているものです。反対派のトンネル案が支持されないのは不便だからです。単に市の利権集団VS地域住民という図式であてはめると、なぜここまでこじれているのかを逆に見誤ると思ういますよ。

鞆の浦の景観を残したいという思いはわかりますし、私も賛成しないわけではありませんが、それを決める権利は第一義的に地域住民にあると思います。生活する権利をさしおいて、部外者の感傷を押しつけるのはどうかなと。

こういう現地の声があることも知っておいて下さい。

>通りすがりの福山人さん

お越しいただきありがとうございます。
私が持っているいくつかの疑問点を明確にしておきます。
・地域住民が圧倒的に架橋を支持しているというのであれば、なぜ鞆港への排水権を持っている人たちが反対するのですか?
・排水権を持つ人たちが同意しないことを地域住民のわがままだと考えるのであれば、行政側が行政代執行なり強制収用なりの手段を出せると思うのですが、それに踏み切らないのはなぜなのか。
・総理大臣まで勤め上げた宮沢喜一氏の地盤でありながら、たかだか数百メートルに満たない橋を架けるだけの予算を引っ張って来れなかったのはなぜなのか。
大臣にすらなったこと無いあのハマコーさんが、総延長10キロにも及ぶ東京湾アクアラインは俺が架けさせたと豪語していることも踏まえると、不可解な点が残ります。
・昨年6月に出された埋立認可の申請が未だに結論が出ないのはなぜなのか。

このあたりの結論が出ないと、先に進めないんじゃないかと思っています。
あのタイミングで『崖の上のポニョ』が大ヒットしてしまったのもかなり影響している部分があるとは思っていますけど…。
もし、あの映画がなかったらここまで大きな騒ぎにならなかったとは思いますけどね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/43584491

この記事へのトラックバック一覧です: この一年を振り返って:

« 南関東一周ぶらり旅 | トップページ | ココログニュースに載っちゃいました! »