2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年1月29日 | トップページ | 2009年2月1日 »

2009年1月30日 (金)

テレビ・新聞陥落!

今週の週刊東洋経済は、タイトルの通りマスコミの特集。
テレビ局は地デジ対応の投資をせざるを得ないけれど、それを回収できるかどうかなんていう話も出ています。
その中でもじっくりと読んだのが『追い込まれて手を結んだ産経・毎日の窮乏ぶり』と言う記事。
産経新聞は業績悪化の影響を受け、大幅な人員削減をするなんていう記事も出ています。

この特集を読んでいると、一昨年の鷲宮神社のようにいわゆる電波ブログのネタを真に受けて記事を書いてしまうのもなんかわかるような気がします。
本来、新聞記事って記者が書いた記事がそのまま紙面になるのではなく、必ずどこかで社内での検閲が入ったあとに紙面になるはずですから、記事の元ネタが怪しいと気づけば鷲宮神社の一件のような記事は載せられないと思うんだけど…。
検閲をするのも人間ですから、変に考えが偏っている人が検閲していれば話は別だけど、新聞記者がウソをウソであると見抜けなかったのは問題かなとも思える部分もあります。
鷲宮神社の一件は、結果として産経新聞の記事が逆効果になって観光客が増え(私自身産経新聞が記事にしてくれなかったら鷲宮神社に行ってなかったと思う)、聖地巡礼で町興しの成功例とまでなったので地元にとっては良かったように思えます。
結局あの記事は、産経新聞の評価が著しく下がっただけという笑っちゃう結末が待っていたわけで…。

本来ならば、あのブログを見た時点で『嘘だ!』と見抜く直感が必要だったのではないかと思うのですが…。
現地で見かけた産経新聞の記者が苦笑していたのも、『変な記事載せちゃってどうするんだよ、うちの会社』って言うのがあったように今となっては思えます。
本来ならば、あのブログを真に受けて記事を書いてはいけないものであっただけに…。

« 2009年1月29日 | トップページ | 2009年2月1日 »