2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ムーライトながら 廃止の真相… | トップページ | ちゃぺ! 津軽鉄道四季ものがたり »

2009年1月17日 (土)

北陸本線と富山地方鉄道の乗り入れを検討しているようです

北日本新聞社の報道によると、 2014年に北陸新幹線が金沢まで開通するのに伴い、JRより分離される現在の北陸本線と、富山県の私鉄、富山地方鉄道との間での相互乗り入れを富山県が検討していて、その乗り入れポイントが4箇所に絞られたそうです。
候補に挙がっているのは、富山駅周辺・滑川駅周辺・魚津駅周辺・黒部駅周辺となっているようです。
ただ、実現までには、架線電圧(北陸本線は交流・富山地方鉄道は直流)とか都市計画などが絡み、いろいろな難題もあるのは否定できず、あくまで費用対効果を探るための叩き台とも取れます。
もし、北陸本線が直流電化だったらかなり違う方向に話しが進んでいたかとは思えるのだけれど、こればっかりはどうしようもない雰囲気なのは言うまでもありませんが…。
結論が出るかどうかも含めて見守っていきたいですね。

« ムーライトながら 廃止の真相… | トップページ | ちゃぺ! 津軽鉄道四季ものがたり »

コメント

国鉄時代は急行立山とか乗り入れしてたのでない話ではないですねぇ.
交直両用車で国鉄からの片乗り入れでしたが.

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/43770432

この記事へのトラックバック一覧です: 北陸本線と富山地方鉄道の乗り入れを検討しているようです:

« ムーライトながら 廃止の真相… | トップページ | ちゃぺ! 津軽鉄道四季ものがたり »