2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年2月1日 | トップページ | 2009年2月3日 »

2009年2月 2日 (月)

2週間で8000キロの詳細

昨年10月29日の当ブログで話題にした、アメリカ人の鉄道愛好家が日本の鉄道を乗りまくるツアーの詳細が鉄道ピクトリアルに載っていた。
鉄道ピクトリアルで記事になってわかったことがいくつかありまして…
・実際に乗った距離は9100キロ
・できるだけホテルは連泊
・日本人のトラベルライターのエスコートつき

ちなみに、今回の旅をエスコートしたのは鉄道系に強いライターの白川淳氏。
どうもこのブログを見てくれているらしい…。
今でも充分すごいライターさんだけど(なんせ地球上の全大陸に足を踏み入れているんだとか)、これからもっとすごくなってくれると密かに期待している方でもあります。
記事を読み進めていくと、海外からのお客さんはみなジャパンレールパスを使って移動と言うことで、かなり安く移動できたものの、それをエスコートする日本人にはジャパンレールパスの利用資格がないので、日本人の分の運賃・特急料金がJRだけで25万円もかかったんだとか…。
この25万円分の切符、ジャパンレールパス利用だと5万円弱で収まっちゃうんだとか…。
あくまでこれはJRの運賃・特急料金だけなんで、私鉄に乗ったりホテルに泊まったりを考えると日本人だと40万円は軽く使ってるのではないかと思える部分が…。
さらにスケジュールを見ると良く練られていて、乗り放題の切符をフルに活用することで、駅前のホテルに連泊し、そこを拠点に日帰りできる範囲でどこかに行くというのを多めに組み込むようにしていることが挙げられます。
ホテルを拠点にすることで、多くの荷物を持たずに行動できることとか、万が一体調を崩したときの対応なんかを考えるとメリットはかなりあるように思えます。
乗車距離が9100キロにもなったのがなんとなくわかったような気がしますが、乗り放題の切符を使っているからこそできたのではないかと…。
私自身、一人旅でどこかに行くときには昼間にホテルに行って荷物だけ置いていくことなんていうのはよくやりますけど…。
過去に、どうしてもホテルが連泊で取れなくて同じ市内で別のホテルに泊まらなければならなかったときに、朝7時にホテルに行ったこともあったりするわけで(^^;;;。
実際にこのツアーに参加された方々が日本の文化に触れ、そして親日家となっていただくことに期待していたりもするわけで…。

« 2009年2月1日 | トップページ | 2009年2月3日 »