2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年2月4日 | トップページ | 2009年2月6日 »

2009年2月 5日 (木)

JR東日本が再登板可能な蒸気機関車を探すそうです

毎日新聞に鉄道関連でものすごく驚く記事が載っていたので紹介します。
<引用ここから>
SL:再登板へ 運転可能な車両、JR東日本が点検調査 来春、各地で復活の汽笛
 JR東日本は鉄道ファンらに根強い人気のSLの再生復活に向けた特別調査チームを編成、99年にC57が復活運転して以来、10年ぶりにSLを復元する方針を決めた。保存状態が良好な車両が複数候補に挙がっており、近く本格的な点検調査に乗り出す。順調なら来年春に旅愁を誘う復活の汽笛が各地に響く。【斎藤正利】
 JR東日本は「デゴイチ」の愛称で知られるD51-498と、「貴婦人」と呼ばれるC57-180を保有している。デゴイチは群馬県高崎市の高崎車両センターに所属し、各地のイベント用に使用、貴婦人は99年から、郡山-新津を結ぶ磐越西線で季節定期列車「ばんえつ物語号」として運行している。
 デゴイチはイベントに引っ張りだこで、自治体などからの要望に応えられない状態。貴婦人は4~11月の土日祝日運転にもかかわらず昨年は5万2000人が乗車。チケットの入手も困難な状態で、ファンからの改善要望が相次いでいる。
 SLのピークは46年度で、旧国鉄が5958両を保有していた。87年のJR発足前後に、自治体などに一部車両が無償譲渡されたが、ほとんどは廃棄処分された。公園などに展示されている車両は修復不可能で運行できないものばかりだ。
 特別チームはSLの所在情報を収集する一方、群馬県安中市の碓氷峠鉄道文化むらに展示中のD51-96や、JR北海道が保有し、「銀河鉄道999」のモデルとなった国内最大のC62について、点検調査を実施する。
 修復には約1年かかり、解体復元やメンテナンス施設建設を含め費用は約3億円、年間維持費は5000万円を超える。JR東日本は「文化遺産とも言えるSLを走らせることで、地域の子供たちや鉄道ファンに喜んでほしい」と話している。
 SLは北海道、西日本、九州のJR3社のほか、真岡鉄道、秩父鉄道、大井川鉄道など私鉄でも運行している。
<引用ここまで>

今になってこういう動きになって来たのがある意味衝撃的です。
鉄道趣味(鉄道旅行趣味かもしれないけど…)がある意味メジャーになってきたところがあるのでしょうね。
今週の週刊プレイボーイには、石破茂農林水産大臣との対談の場所がサンライズエクスプレスの中というかなり濃い記事が出ていました。
石破茂農林水産大臣は、軍艦だけはなく熱心な鉄道ファンで、本気で国鉄に就職したいなんて思っていた時期もあったようです。
あとは民主党の前原副代表が、鉄ちゃんであると公言したあたりからかなり風向きが変わったようにも思えます。

本題に戻ると、昨年末に陸羽東線でD51498の試運転の準備をしていた際にボイラーを空焚きしてしまい、その復旧にどの程度時間がかかるか見えないと言うのもあるのかもしれません。まさか再起不能に近いダメージを受けてしまったのかとも勘ぐってしまいたくなります。
D51クラスの蒸気機関車のボイラーだと修理できる職人さんも少ないだろうし、会社として仕事を請けてくれるのは大阪のサッパボイラくらいしかないのでは?
これがC11クラスだと、静岡市清水区の東海汽缶が大井川鐵道の蒸気機関車の整備に関わった実績があるようです。
ホームページを見ても水産物の加工が盛んな清水と言う場所柄か、レトルト殺菌機などの食品関連の機械しか載っていません…。

でも、今頃になって蒸気機関車の保有台数を増やすと言うことは、JR東日本が保有する客車の車輌数から考えると、今度は『客車をどうするんだ?』という疑問が出てきます。
いざとなれば、新津の車輌工場で見た目だけ旧型客車というものを作るなんていう事態も考えられなくはないような気もします。
もしそんな車輌を作ったら、見た目は旧型、でも冷暖房完備で発電機まで積んでいるのに旧型客車よりも軽い車輌なんていうのができてしまいそうな気がしてならない…。

« 2009年2月4日 | トップページ | 2009年2月6日 »