2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 読売新聞に聖地巡礼が取り上げられる | トップページ | メイドとメード »

2009年3月 8日 (日)

津軽海峡の高速フェリー 復活か?

北海道新聞の報道によれば、昨年に燃料費高騰などの理由で運航を取りやめた青森~函館の高速フェリー、「ナッチャンRera」・「ナッチャンWorld」のいずれかの運航をゴールデンウイークをめどに再開する方向で動いているようです。
記事を部分的に引用します。
<引用ここから>
昨年十月末で終航した函館-青森航路の高速船「ナッチャン」の季節運航での再開を目指し、道南自動車フェリー(函館)などは四日、同航路で高速船の試験運航に着手した。漁業への影響測定が主目的。漁業者らの理解を得た上で、黄金週間が始まる四月下旬にも再就航させたい意向だ。
 函館港に係留中の「ナッチャンRera」を青森港まで運航させ、引き波の規模などを調べた。青森港付近が対象で、後日、函館港付近でも行う。同社は「沿岸漁業への影響を最小限に抑えるための調査」と説明。将来的に代替の高速船を投入することも視野に、その可能性を探る試験とも位置づけている。
<引用ここまで>

過去にも青森~函館航路に高速船を投入したものの長続きせず、「ナッチャンRera」が就航を始めた頃にもネット上では「二度あることは三度あるに舵を切った」なんて書かれていたりもしました。
全国的に見ても、航海速力30ノットを超える高速フェリーはあちこちにできたけれど、成功しているのは、熊本フェリーのオーシャンアローだけらしい…。
かと思えば、高速船は旅客船だけでフェリーは普通の速度という航路(広島~松山とか、新潟~佐渡とか)もにあって、そこではうまく棲み分けができているのでしょう。
何よりも驚いてしまうのは、将来的に代替の高速船を入れることも視野に入れていることですね。
高速船で過去に3度も失敗しているのに、なぜ高速船にこだわるのかがいまいち理解できません。
カーフェリーの一番のお客さんはトラック・トレーラーのはずで、高速フェリーで運賃が上がることをトラックの荷主に理解してもらえるかどうかというところもあるのかもしれません。
辛口な意見が読めることで知られるフェリー乗船レポートサイトなんかでも、「ドライバー様」なんていう言葉があるくらいですから…。

« 読売新聞に聖地巡礼が取り上げられる | トップページ | メイドとメード »

コメント

青函トンネルが新幹線扱いとなると、保守時間帯以外立ち入り禁止になるそうで、0時から6時の間、運行できない事態になって、夜行列車が全廃する危険があるとか…

フェリーも商売できそうです。

>あんぱんさん

確かにフェリーは商売になるとは思いますが、別に高速フェリーじゃなくても良いかなと思える部分があるのも事実です。

新幹線は毎日必ず6時間保守時間が必要なんでしょうか。山陽新幹線は夜行運転に備えて単線並列で設計されたといいますし。夜行の旅客列車はともかく、貨物列車は廃止できないと思います。貨物列車が走るなら、旅客列車が1~2本混ざってても何とかなりそうだし。長距離トラックなんぞ政策的に優遇する理由なんて何もないはずです。
フェリーの乗船時間は運転手の休憩時間なので、10時間が5時間になるのは歓迎でしょうが、4時間が2時間になっても現場では迷惑なだけでしょう。
いっそ、青森室蘭や青森苫小牧で青森函館並みの所要時間なら需要があるかも。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/44283737

この記事へのトラックバック一覧です: 津軽海峡の高速フェリー 復活か?:

« 読売新聞に聖地巡礼が取り上げられる | トップページ | メイドとメード »