2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« メイド? メード? | トップページ | 津軽海峡の高速フェリー 復活か? »

2009年3月 7日 (土)

読売新聞に聖地巡礼が取り上げられる

読売新聞に、『訪ねて あの舞台』という映画やドラマの舞台になった町を取り上げる連載がある。
今日は富山県南砺市の城端が出ていた。
もちろん作品として取り上げられているのは『true tears』。
昨年初めに深夜アニメで放送され、それから急に若い男性の観光客が増えて地元でも驚いているなんて事が出ていました。
テレビドラマとか映画であれば、どんな都会でもロケをしていれば目立つはずだし、新聞にでも記事になるのだろうけど、作品が深夜アニメで、しかも制作をしているのが地元の会社となると人知れずロケをする事だって可能だったのではないかと…。
Nz_truetears



主人公が酒蔵の息子という事もあり、オリジナルラベルのお酒なんていうのも出しています。
一番左は、清酒『おねてぃ』でたまたま隣に置かれていたものです。
清酒『おねてぃ』の隣にあるのが『乃絵の涙』、その隣が『愛子の涙』、一番右が『比呂美の涙』となっています。ストーリー上で重要な役割を果たすキャラクターが描かれています。
バックに置かれている色紙でも分かるとおり、鷲宮神社の門前のお茶屋さんに飾られているものを撮影しました。
私の友人が、『true tears』の舞台となった城端と、『ひぐらしのく頃に』の舞台で知られる白川郷を一度に聖地巡礼してきたのですが、そのときに城端の観光協会の人とこのあと白川郷に行くと話したら、『高速道路がつながって便利になりましたからね』とごくごく普通の扱いを受けたといいます。
これが聖地巡礼について深い知識がついてくると、『あ、ひぐらしですか?』とか言われてしまうのだろうけど…。

« メイド? メード? | トップページ | 津軽海峡の高速フェリー 復活か? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/44274093

この記事へのトラックバック一覧です: 読売新聞に聖地巡礼が取り上げられる:

« メイド? メード? | トップページ | 津軽海峡の高速フェリー 復活か? »