2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年4月4日 | トップページ | 2009年4月6日 »

2009年4月 5日 (日)

沿岸バスの『萌えっ子フリーきっぷ』

今年のエイプリルフールに発表された北海道の沿岸バスの『萌えっ子フリーきっぷ』。
どこまでネタでどこからが本当なのか分からないなんていう取り上げられ方もしていたり…。
ITmadiaのニュースでも取り上げられています。 
その取り上げられ方が何とも笑える。
<引用ここから>
「萌えっ子フリー切符」で北海道「ふさふさ街道」バス乗り放題
北海道北部の路線バスが乗り放題になる「萌えっ子フリー切符」が登場。萌えキャラをあしらったのは「担当者の趣味」という。
<引用ここまで>
担当者の趣味なんてストレートに書いてしまうあたりが、何とも言えないところだったりしますが…。
萌えっ子フリーきっぷの特設サイトも大変充実していて、乗れる区間・乗れない区間がはっきりと明記されているけれど、留萌市内の路線の扱いがちょっと複雑になっているのが個人的にはちょっとだけ気になったり…。
とはいえ、1日用が2300円、2日用が3200円というのがとんでもなく安いような気がします。

時刻表で調べてみると、幌延を朝6:30に出るバスで留萌十字街まで行って、そこから大別刈行きで増毛、増毛で食事時間を取って次のバスで大別刈まで行き、そこから雄冬行きに乗って往復。
そしてまた、大別刈から留萌、留萌から幌延行きに乗るというのが1日券で一番乗り倒せるコースなのかなぁなんて思えたり…。
運賃表から計算すると、このルートの正規運賃は8100円になるのだけれど、これが2300円で乗れてしまうというのは相当な大盤振る舞いなのかもしれません。
朝6:30のバスにしているのは、時刻表から読み取れる内容から推測すると、留萌市内でこのバスだけが通る道があると推測しているからです。
この1便だけが羽幌方面から留萌十字街に直行しているし、所要時間を考えるとショートカットするコースを取っているとしか思えない部分が…。
このバスは、幌延駅発留萌十字街行きでありながら、留萌十字街から旭川駅前行きになるようで、路線自体は分割されているけれど1運行としては総延長が200キロメートルを超える日本最長の路線バスとも取れます。
旭川~留萌の路線バスを共同運行している道北バスのサイトを見ると、この便は幌延発着なんていうことが書いてあります。
果たして幌延を出る時点で行先が『留萌』と出ているのか、『旭川』と出ているのかがちょっと気になるところだったり…。
留萌から羽幌にかけてのあたりは、『北海道じゃらん』と組んで、『日本海えびタコ街道』なんていうPR活動をしていたはずですが、今回の沿岸バスのプレスリリースで『日本海ふさふさ街道』なんていう知名度が一気に上がって完全に霞んだような気がしてならなかったりしています。
私自身、日本海ふさふさ街道まで行ってみたいけれど、なかなか時間が取れそうにないのでいったいどうしようかと検討中だったり…。

コネタマ参加中: エイプリルフール、秀逸だったのはどんなネタ?

« 2009年4月4日 | トップページ | 2009年4月6日 »