2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年4月5日 | トップページ | 2009年4月7日 »

2009年4月 6日 (月)

深夜アニメ 『けいおん!』

深夜アニメ全盛期の今、新作が始まるのは4月・7月・10月・1月というのが定番なので、アニメ好きとなるとどの作品を見るかが悩ましい…。
ただし、テレビ朝日の日曜朝のアニメタイムは入学祝とかのプレゼントとかで売り上げを上げるためにあえて2月スタートになっていると聞いた覚えが…。
そうなると、やっぱり前評判とかを気にして選んでしまう部分があります。
その中で選んだのが『けいおん!』
廃部寸前の軽音楽部を新入生が立て直していこうというストーリーなのだけれど、一人だけ音楽のド素人が入っているというなんかストーリー的にも面白そうな雰囲気が…。
なんか、『藍より青し』のカナヅチ水泳部員なんかを思い出してしまいます。

なぜこの作品を選んだのかというと、制作が『らき☆すた』『涼宮ハルヒの憂鬱』『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』『にょろーん ちゅるやさん』なんかを手がけているあの京都アニメーションが制作にかかわっていることです。
京都アニメーションは本筋だけではなく、いろいろな場所もきっちり描くんで小ネタをねじ込んだり、場所が特定できるくらいリアルに背景を描くことでも知られてて…。
今回見ていても、通学のシーンでさりげなく叡山電鉄のデオ710・720・730型とはっきりと分かる車両が出てきたところからなんか期待が持てます。
そのあとに出てきた学校が重厚なコンクリート造りでなんか見覚えのある建物だったのです。
何で見たのかなと思いつつ見ていると、階段の手すりにウサギと亀の置物がリアルに描かれていて気付いた。
手元にある、建築家ウイリアム・メレル・ヴォーリズの本の裏表紙にウサギと亀の置物の写真がでていて、それで滋賀県の豊郷小学校だと気付いてしまいました。
ここは町長と住民が校舎の改築を巡って大騒ぎになったところではなかったかと…。
これが原作からなのか、アニメ独自のシーンなのかは実際にコミックを手にしてみないと分からないことだけど、なんか面白そうな雰囲気がしてきました。
これでコミックにまでリアルに描かれていたら、原作者と豊郷小学校の関係が気になるところだったりします。
案外原作者が卒業生っていう繋がりじゃないのかと思っていたり…。
こういう事情のある場所だから、場所は知ってしまったけれど聖地巡礼する気があまり起こらなかったりするわけで…。
一般公開とかがあれば、都合が付くのならば見に行きたいところだけど。

« 2009年4月5日 | トップページ | 2009年4月7日 »