2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年5月18日 | トップページ | 2009年5月20日 »

2009年5月19日 (火)

猫の駅長同士の対面

今週の週刊ダイヤモンドのDeepFocusという記事は、鉄道系のライターの杉崎行恭氏が書いています。
そのタイトルは、『人間さまではこうはいかない集客力 ネコに向いている職業』というものです。
そこに出ているのは、福島県の会津鉄道の芦ノ牧温泉駅。
ネコの名誉駅長『ばす』のいる駅です。
そこに岡山の片上鉄道保存会の駅長猫(実は運転日に広島から通勤している)、『コトラ』が表敬訪問した様子が出ています。
その表敬訪問の際に報道陣に囲まれた様子が週刊ダイヤモンドに載っています。
2匹のネコが軽自動車のボンネットの上に乗っているのだけど、その軽自動車もかなり年代モノのスズキアルトじゃないかと思えるあたりが何とも…。
個人的にはこの車も気になったりします。
ネコの駅長と言うと和歌山の『たま』が有名だけど、実は『たま』よりも『コトラ』のほうが先に駅長になっていたはずだし、和歌山電鐵は岡山の両備バスの関連会社だし、実は『たま』を駅長にしようと考えていた時に、社長の頭の中に『コトラ』のことがあったのではないかと変な邪推をしてしまったのは言うまでもなく…。
さらに、和歌山の場合、駅長の『たま』だけでなく、助役の『ちび』『みーこ』もいるというのは意外と知られてないんじゃないかと思えちゃうときもあります。

芦ノ牧温泉駅も、『ばす』のおかげでお客さんが増えたとは言うけれど、みんな車で来るのが悩みの種なんだとか…。

« 2009年5月18日 | トップページ | 2009年5月20日 »