2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« その組み合わせは… | トップページ | ダイヤモンドオンラインにウィラーの社長の記事が出る »

2009年5月 7日 (木)

読売新聞の地域情報に聖地巡礼ネタ

読売新聞 地域情報 宮城によると、宮城県の七ヶ浜町の鼻節神社への訪問者が増えているそうです。
言うまでもなく、深夜アニメ『かんなぎ』の舞台になった神薙神社のモデルになった場所です。
記事を読んでいって驚くのは、町が知名度を高めるチャンスと捉え、オリジナルのストラップを作って、町内15ヶ所で販売を始めたということです。
それも、複数店舗を回らないと全種類そろえられないようにしているなんて書いてあって、このあたりは鷲宮町の再来を思わせます。
サーフショップにストラップを求めて普段と違う客層が来ているなんてことまで書かれていて、ドキッとするやら驚くやら…。
どうやら、鷲宮・幸手と同じ展開になってきたような気がしてならない…。
『けいおん!』に滋賀の豊郷小学校が出ていることは、既に町役場内で話題になっているらしく、これに続いてどのような動きをするのかが非常に気になるところ。
なんせ、豊郷町にふるさと納税されたお金は、豊郷小学校の校舎の整備に使うとまで明言しているから…。

« その組み合わせは… | トップページ | ダイヤモンドオンラインにウィラーの社長の記事が出る »

コメント

七ヶ浜のストラップ販売に関しては、実際に七ヶ浜観光協会が鷲宮町商工会に参考意見を求めたそうです。

豊郷小学校は5月30日に町立図書館としてオープンするそうですが、初日に訪れる人のうち、何割が地元民なのか、今からガクブルですw

>何処ぞの巡礼者さん
やっぱり鷲宮町からアドバイスをもらっていたんですね。
豊郷は普通に静かな町なのだけれど、その初日がどうなるか非常に気になるところ…。
保存までいろいろあったところですから、マスコミが取材に来るとは思っていますが、それでどんなニュースが出てくるかは非常に気になるところです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/44921594

この記事へのトラックバック一覧です: 読売新聞の地域情報に聖地巡礼ネタ:

« その組み合わせは… | トップページ | ダイヤモンドオンラインにウィラーの社長の記事が出る »