2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 50Hzと60Hz | トップページ | いざ行かん 『かんなぎ』の聖地へ »

2009年6月20日 (土)

JR東日本千葉支社でリバイバルカラー

未だに国鉄時代の車輌が走っているので、口が悪い人には『毎日がリバイバル運転』なんていわれているJR東日本の千葉支社管内ですが、JR東日本千葉支社のホームページを見るとなにやらここで国鉄時代のカラーを復活させるらしい…。
まずは、113系の4両編成1編成を湘南色にして走らせることから始め、そのあと久留里線のキハ30にクリーム色と朱色のツートンカラーの車輌を走らせるそうです。
まだ写真には撮っていないけれど、幕張総合車輌センターの中に千葉以東で使われる209系の姿も見えてきていますから、そろそろ全般的に車輌を置き換える時期がやってきたのかもしれません。
久留里線にはいったいどんな車輌が入るのか、個人的にはこっちが気になるところだったりするのも事実だったりするわけで…。

« 50Hzと60Hz | トップページ | いざ行かん 『かんなぎ』の聖地へ »

コメント

いっそ、スト権ストとか順法闘争もリバイバルしてみるとか。
#「春ダイヤ」もいつの間にかなくなっちゃいましたねぇ。

リバイバルの必要なく、デビュー時からの色なのに、わざわざ他所の色に塗ってどうするんだか…

どうせやるなら、民営化直前の広域転配で一時的に発生した湘南・横須賀・阪和の三色混成カオス編成にすれば良いのに

>デモノバさん
今年は、久留里線だけ春ダイヤがあったようです。
昨年は一切ありませんでしたが…。

>何処ぞの巡礼者さん
確かに今更、1編成丸ごと湘南色にする意味なんかないと思うんですけどねぇ…。
どうせやるなら先頭車だけ湘南色とか、先頭車だけ阪和色とかのほうが懐かしさは演出できるかもしれませんが…。
どっちみち、車両を置き換えるのはほぼ決まりなんだろうなぁ…。
久留里線にはいったい何が入るのかが本当に気になるところです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/45391136

この記事へのトラックバック一覧です: JR東日本千葉支社でリバイバルカラー:

« 50Hzと60Hz | トップページ | いざ行かん 『かんなぎ』の聖地へ »