2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« C6120 復活か? | トップページ | 関西の京急バス その後 »

2009年6月13日 (土)

気になっているコミックの連載

自分自身、気に入った作品をつまみ食いのように読むので漫画雑誌を買うことは殆どなく、たいがい立ち読みしつつ、単行本を買うなんていうのが多い。
ひとつは、『イブニング』に連載されている『もやしもん』。
今は地ビールをネタにしていて、だいぶ前に『協力してくれるメーカーさん募集』なんていう告知が出ていたけれど、それに応えた地ビールメーカーさんが25社くらいあったようです。
ビールのお祭り『オクトーバーフェスト』の内容になっているのですが、地ビールメーカーの看板の中にベルギービールで知れたお店が出ていたり、地ビールメーカーのパレードのあとに、オリオンビールとアサヒビールとサッポロビールが出てきたりとこれからどうなるかかなり気になるところ。
しかも、その本文中に『オリオンビールって地ビールだっけ?』というせりふがあってちょっと笑えるところ。
今のところは、コミックのストーリーと言う名の地ビールの宣伝にしかなっていないような感じだけど、これからいったいどうなっていくのかが非常に楽しみです。

もうひとつは、不定期で『モーニング』に連載されている『カレチ』。
『カレチ』とは、国鉄時代の用語で客扱専務車掌のこと。
昭和40年代後半の新米車掌の活躍ぶりが描かれています。
今回は車掌弁を題材にした話。
ストーリーとしてなかなか面白いけれど、国鉄時代に客扱専務車掌が車掌弁を引くことがあったのかどうかがちょっとだけ気になるところ。
客扱専務車掌であれば、車掌弁を引くという運転に関わることがあったのかどうか…。
何度か連載内容を見る限り、北陸本線が舞台となっていることを考えると、モデルになった車掌さんは大阪を拠点に乗務していた人ではないかと思えるところ。
そういえば、車掌として乗務したことを本に書いている坂本衛氏は大阪車掌区の車掌だったはずですから、意外とこのあたりと繋がりがあるのかも…。

« C6120 復活か? | トップページ | 関西の京急バス その後 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/45328435

この記事へのトラックバック一覧です: 気になっているコミックの連載:

« C6120 復活か? | トップページ | 関西の京急バス その後 »