2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« JR東日本千葉支社でリバイバルカラー | トップページ | 普通の観光地にもちゃんと行ってます »

2009年6月21日 (日)

いざ行かん 『かんなぎ』の聖地へ

昨年の10月から12月にかけて放送された深夜アニメ、『かんなぎ』
今まで休日出勤したことでの代休も取れたので、これはいい機会だと土日きっぷを使って、はるばる宮城まで行ってきました。
『かんなぎ』の中で神薙神社として描かれているところは、七ヶ浜町にある鼻節神社と言う場所。
地図で調べると、駅から8キロほど離れていて、路線バスもあってないような場所…。
自分は車を運転しないので、選択肢は必然的にタクシーに…。
JR多賀城駅の観光案内所で地図を入手。
Nz_img_0009a Nz_img_0010a






駅の案内所でもらえる地図がこれ。
アニメの舞台になったところで、こんな地図が手に入るところは未だかつて見たことがありません。
尾道が舞台の『かみちゅ!』の場合、作品に尾道フィルムコミッションが絡んでいることもあり、映画のロケ地めぐりの地図がそのまま聖地巡礼マップになってしまうなんていうのはありましたけど…。
ここからタクシーで鼻節神社へ。
表通りから脇道に入って、しかも乗用車1台がやっと通れるようなある意味とんでもない場所に鼻節神社はあります。
Nz_img_0011a






まずは一の鳥居から。
車が入っていけるのはこの鳥居の前まで。
駐車スペースはこの鳥居の横に2台分くらいあります。
Nz_img_0014



少し行くと、表参道は右であるという案内が出てきます。
せっかくなので表参道に行ってみたのですが…。
Nz_img_0017



表参道はこんな道である意味驚いてしまいます。
元々が海上安全の神徳のある場所なので、船で行ってお参りするのが表とされているのかもしれません。
Nz_img_0023



表参道を選ばずに裏参道に行くとこういう形で整備された道を通っていきます。
この場所も、『かんなぎ』に出てくる場所ですね。
Nz_img_0025a1



神社の拝殿はこんな感じ。
塩竈神社の末社として地域でとても大事にされているような印象を受けました。
Nz_img_0026



ここも、『かんなぎ』のワンシーンに出てくる場所。
このあたりで本放送だと『バラバラ殺神事件』とかいう文字が出てきたような…。
Nz_img_0031



拝殿を右斜めの方向から撮ってみる。
右の太い木が御神木なのかもしれません。
Nz_img_0037a






町内ではあちこちに、このような『ミニ観光あんない所』の幟が出ています。
よく見ると『ANNAI』の文字の並びが『かんなぎ』のタイトルとあわせてあったり…。
背景から見ても分かるとおり、コンビニエンスストアにも置かれています。
Nz_img_0118a Nz_img_0119a





ここで入手したのが観光協会が作ったストラップ。
産土神のナギ様のデザインのものです。
このほかに6種類あるのだけれど、それはまた別の機会に入手しようかと考えていたり…。
ちなみに、多賀城駅から鼻節神社までタクシーで往復したところ、運賃は5420円でした。
Nz_img_0108



このあと、作中に出てくる駅のモデルになった陸前高砂駅へ。
このあたりでも、よく見てみればここでロケハンをしたというのが分かるような場所を見つけることが出来ました。
Nz_img_0110



テレビアニメ版の『かんなぎ』第12話の作中で、黄色い缶に茶色い波線の入った『WAX COFFEE』なるものが出てきていたので、こんな面白いことをやってみました。
まさか、改札内にあるジュースの自動販売機にちゃんと『MAX COFFEE』が入っていたのでこういうことをやってしまった次第で…。
このあと、仙台駅前に戻り、アニメイトに行ってみると第1話の最初に出てくる『樹の精霊像』があってまたびっくり。
本当ならオンエアされている時期に訪問したかったけれど、今でもきちんと地元が舞台の作品を取り上げているのにはファンとして嬉しかったですね。
でも、個人的には巡礼スポットを見逃している可能性があるような気がするので、いつかまたリベンジしようかと思っています。
『かんなぎ』の聖地巡礼については、自分自身が『まだその域に達していない』だけなんだと思う…。

« JR東日本千葉支社でリバイバルカラー | トップページ | 普通の観光地にもちゃんと行ってます »

コメント

物語は知らないが、ここ、調査で行ったことあるぞ!(笑)。
あの、数段飛ばしの不思議な参道は覚えがある。モミと落葉樹林が混交している不思議な海岸林だ。
行ったのは2005年の夏なので、その物語が広まる前かと思うけど。

>パシフィックさん
当時連載されたいたかは微妙ですが、ここが舞台になったのはアニメ化されたときの話のようです。

まさか、『行ったことがあるぞ』というコメントが付くとは思ってもいなかった…。

>>751ですw

遠いところからお疲れ様でした、
現地からは次の地元限定ネタの話なども聞こえてきますが
今はまだ話すべき時ではない、と。

バスダイヤは八月から現路線廃止・町民バス化で
増発等大きく変わりますのでお伝えしておきます。

>So What? ◆SoWhatIUjM さん
『まだその域に達していない』に、『今はまだ話すべき時ではない』とコメントを付けていただけるとは…。
意味のわかる人だけ楽しんでください見たいな状態で申し訳ないけれど。
バスの運行ダイヤはまだ出ていないようですが、町役場の広報を見るとかなり便利になるようで、今みたいに5000円以上かけて巡礼する人も減るのではないかなと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/45412807

この記事へのトラックバック一覧です: いざ行かん 『かんなぎ』の聖地へ:

« JR東日本千葉支社でリバイバルカラー | トップページ | 普通の観光地にもちゃんと行ってます »