2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« みどりの窓口の… | トップページ | iTunes Storeで… »

2009年7月28日 (火)

機械遺産の追加認定

47news(共同通信配信) によりますと、日本機械学会が機械遺産をさらに6件追加指定したという記事が載っていた。
機械遺産とは、日本機械学会が一昨年から指定を始め、昨年までに31件が指定されている。
今回指定されたものは以下の通り。
・札幌市時計台の駆動装置
・男爵資料館が保存する蒸気自動車ロコモビル
・福岡市博物館が保存する自動車アロー号
・三鷹市の旧峰岸水車場
・芝浦機械製作所(現東芝機械)の大型歯車加工盤
・大井川鐵道千頭駅の転車台

この中で見たことがあるのは、札幌市の時計台と千頭駅の転車台だけ…。
機械遺産の場合は、製造年に関係なく日本の技術史として重要なものが指定されていて、指定されているものの中で一番新しいのは、ホンダのCVCCエンジンだったような気もします。
時間と機会があれば、指定された機械遺産をじっくりと見てみたいと考えているけれど…。

« みどりの窓口の… | トップページ | iTunes Storeで… »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 機械遺産の追加認定:

« みどりの窓口の… | トップページ | iTunes Storeで… »