2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 週刊東洋経済 『鉄道進化論』 | トップページ | バスラマインターナショナル 114号 »

2009年7月 2日 (木)

ウィラーエクスプレスにハイブリッド車が入るみたい…

日ごろチェックしている、第4セクターの乗りバス日記さんからの拾ったネタです。
会員制ツアーバス(と言う名の路線バスもどき)の最大手、ウィラーエクスプレスが大型車でありながら座席が16席しかないビジネスクラスバスを東京~大阪間のツアーに導入するそうです。
豪華観光バスの名門と言われた中央観光バスでもこんな定員の大型車は持っていなかったはず(確か最高級車で23席)でいったいどんな車か気になるところ。
そして、何より驚いたのがその16席しない車がハイブリッドバスということ。
観光バスのハイブリッド車というと、日野セレガハイブリッドしか選択肢がないので、車両は必然的にこれになるしかありえないわけで…。
ウィラーエクスプレスのプレスリリースを見ると、通常の車であれば軽油1リットル当たり3.5km走るのが、ハイブリッド車だと軽油1リットルあたり5km走ったという…。
どうもプレスリリースによれば、東京~箱根間で実験したそうだけど、いったいどんなところを通ったのかがちょっと気になるところ。
元々日野セレガのハイブリッドと言うのは、高速バス用途として開発されたのではなく、山岳路線や一般道長距離路線向けに開発されたはずで、いわゆる高速バスとして使われているのは濃飛バスの高山~白川郷ぐらいではなかったかと…。
元々が山岳路線用ということもあって、上高地へ繋がる釜トンネル(もちろん旧道のほう)対応の大きさで作られていたくらいですから…。
都市間ツアーバスという高速バスに限りなく近い運行形態で、果たしてハイブリッドバスなんて入れるメリットがあったのだろうか?
元々日野のハイブリッドシステムは発進停止や加減速を繰り返すときに効力を発揮するはずなのに…。
もし、高速道路走行でハイブリッドバスを導入した効果が出ていると言うならば、それは高速道路で等速走行していないと言うことにもなるような気がするのは私だけか?
ますますウィラーグループを率いている村瀬社長が謎の人物に見えてきた。
商売の天才なのか、はたまたただの目立ちたがり屋なのか…。

個人的にはツアーバスには重大なリスクがあるとは思っているけれど、それはここには書きません。
関係者がもし見ていたら自分で考えてみてください。
本職の人たちよりも、一般のマニアックな人間のほうがリスクに気づいていると言うのはある意味問題だと思うけど。

« 週刊東洋経済 『鉄道進化論』 | トップページ | バスラマインターナショナル 114号 »

コメント

16席?ということは2+1シートなら6列か。
長さは普通のバスと変わらないんでしょうかね?
だとするとスペース的に贅沢ですな。

でも、ハイブリットシステムは余計だなぁ。
そんな事するなら、東海道本線に毎日臨時夜行列車走らせた方がよっぽどエコな感じがしますわな。

所詮、科学的根拠はなく雰囲気だけってのばっかりですから。

まあ、とりあえず乗車する自分が通りますよww

17日だと、バス関東の伊勢崎線があるので、ウィラーのハイブリッド車を拝んできます。
できれば新宿のウィラーステーションに、村瀬社長の出陣を願い出て、開業式?をやってもらいたいところですねww
社長の得意満面な顔をアップしたい!
&突っ込み入れたいww
と思うのは、自分だけでしょうか?

>あかうまさん
日野セレガハイブリッドは12メートル車しかないんで、必然的に贅沢な車になります。
なんせ、はとバスのファーストクラスバスよりも贅沢なのですから…。

>デモノバさん
私にもハッタリにしか見えません。

>第4セクターさん
乗車レポート期待してます。
アレだけ自信満々の村瀬社長にツッコミを入れたらどうなるんだろう。
「ハイブリッド≠エコ」となるケースがあることに気付いたらきっと焦るかも。

初めまして。いつも拝見しております。
もうご存知かも知れませんが、ウィラーはTVCMもやっているんですね。そのCM中では堂々と「高速バス」と言っておりました...。

業界を中心にアンチは多いですが、一般からは既に市民権を得ている感じもしますので、もういい加減路線免許取ればいいのに、と思います。まあそう簡単には取れないと思いますが..。
そういえばそのCMの中で噂の豪華シートらしきものも映ってましたヨ。

>KT祐利さん
ありがとうございます。
確かに高速バスといわれると違和感が…。
かと言って、バスツアーと言われても違和感があるわけで…。
確かに業界を中心にアンチは多いですね。
国土交通省も部署を横断してまで潰すほどのものではないでしょうから、今のまま続くのかなと見てます。
やっぱり気になるのは、20年以上前の『はまなす号』『はぼろ号』の一件だけど、ツアーバス業界の連中なんてこのことは知らないでしょうねぇ…。
自信満々のウィラーの村瀬社長に『脱法と言われて悔しかったら4条認可取ってみろ!』と言ってみたいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウィラーエクスプレスにハイブリッド車が入るみたい…:

« 週刊東洋経済 『鉄道進化論』 | トップページ | バスラマインターナショナル 114号 »