2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ロングウッドステーション オープンしたみたいです | トップページ | 自衛隊の音楽隊の… »

2009年9月11日 (金)

新宗教の特集

今週の週刊ダイヤモンドは新宗教の特集。
政教分離ではあるけれど、さりげなく選挙結果と宗教との繋がりにも触れていたりとなかなか面白い。
素人目には何とも思わないけれど、今回題材として取り上げられている宗教団体からするとカチンと来ることがどこかに書かれているような気がしてならない。

特集として面白かったのは、天理市と天理教の共生関係についてですね。
前にも、『ワンダーJAPAN』8号に天理教本部を囲むように建てられている(現在も工事中)『おやさとやかた』の空中写真なんていうのも出ていて、改めてその規模には驚かされるところ。

その記事の中にちょっと気になる記述が…。
(斜字部分引用)
信者の参拝は、ふるさとへ帰るという意味で「おぢば帰り」と呼ばれ、「おかえりなさい」と言う言葉で迎えられる。

前に『ワンダーJAPAN』8号で天理の町を見ていたので妙な違和感を感じてしまいました。
ためしに「おぢば帰り」で検索をすれば、もしかして「おぢばがえり」?と返ってきますし、天理教のサイトを見てもどこにも『おぢば帰り』と言う記載がなかったりする。
あともう1つ、「おかえりなさい」と言う言葉で迎えるのではなく、この場合は『ようこそおかえり』じゃないのかなぁ…。
恐らく、奈良県内の読者とか、天理教の信者の間で、「なんか変だ」と言われているような気がしてならない…。

一般の雑誌や新聞だとなかなか宗教関係は踏み込みにくい部分があるのだけれど、一般知識として知っておくくらいならとても面白い視点で見ているような気がします。

« ロングウッドステーション オープンしたみたいです | トップページ | 自衛隊の音楽隊の… »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/46176891

この記事へのトラックバック一覧です: 新宗教の特集:

« ロングウッドステーション オープンしたみたいです | トップページ | 自衛隊の音楽隊の… »