2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« どこまで芸名が使えるのか? | トップページ | 千葉都市モノレール 社長公募へ »

2009年11月16日 (月)

尾道市の空き家バンクをNPOが受託したそうです

中国新聞の報道によると、広島県尾道市が行っていた空き家バンク事業を、NPO法人尾道空き家再生プロジェクトに委託することが決まったそうです。
こちらのNPOは、NPO法人になる前から何度もブログで話題にさせていただきました。
最初にこちらの代表の方が、尾道駅の裏手にある通称『和製ガウディ』(『かみちゅ!』のファンなら『のれんまたぎ』と言ったほうが通じるかも)と言われる空き家を買い取って再生を始めたことから始まっています。
個人的にも何度かあったことがある方ということもあるので、前から色々と気にしてはいました。
尾道の町並みでも一番尾道らしさがあると個人的に思っているところの空き家が一軒でも減ってくれれば色々とメリットがあるような気がします。
尾道の千光寺山の南麓を『千光寺ヒルズ』といったり、そこへ住む人達を『千光寺ヒルズ族』なんていう例もあるようです。
また機会があったら尾道に行きたいなぁ…。

« どこまで芸名が使えるのか? | トップページ | 千葉都市モノレール 社長公募へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/46771506

この記事へのトラックバック一覧です: 尾道市の空き家バンクをNPOが受託したそうです:

« どこまで芸名が使えるのか? | トップページ | 千葉都市モノレール 社長公募へ »